Shopify(ショッピファイ)の導入事例

「Shopifyを導入した方が良い?」「Shopifyの国内外企業の導入実例が知りたい」そんな疑問はありませんか?

Shopify(ショッピファイ)はECサイトを簡単に構築できるオンラインプラットフォームサービスです。Shopifyを導入することで、オリジナルデザインや独自機能を搭載したECサイトを構築できます。

そこで、今回はShopifyの導入事例を国内外合わせて16選紹介していきます。どんな企業がShopifyを利用しており、どんなネットショップを作ることができるかを確認してみてください。

Shopify(ショッピファイ)の国内企業導入数

Shopify(ショッピファイ)はカナダ発のECプラットフォームサービスで、世界175ヶ国以上で利用されています。日本国内でも導入実績が増えており、国内総流通額は前年比323%増の成長を達成しました。これは他国と比べても非常に高い成長率で、新規出店数の伸び率は前年比228%増となっています。

世界的には2020年の流通総額約12兆円、世界中で4億5700万人のユーザーが利用しており、今後も利用者は増え続ける見込みです。世界でのショップ開設店舗数は100万を突破しています。

日本に本格的に参入したのは2018年ごろで、ECプラットフォームとしてはまだ歴史が浅いですが、毎年確実な成長を続けています。

国内の導入企業数が増えている大きな理由としては、日本語対応しているからです。Shopifyの機能の多くは日本語に対応しており、日本語でのサポートを受けることも可能です。日本語のヘルプセンターが登場したことで、利用者が多く増加しています。

Shopify(ショッピファイ)を導入するメリット

Shopify(ショッピファイ)を導入するメリットは次のとおりです。

Shopifyを導入するメリット
  • 高いカスタマイズ性
  • 決済方法が充実
  • コストパフォーマンスが良い

他のECサービスと比べて、世界中の多くの企業で利用されているShopifyには、さまざまなメリットがあります。このメリットを得られるECプラットフォームはShopifyの他にないので、導入を検討中の方は参考にしてください。

高いカスタマイズ性

Shopifyは他のECサービスと比べて、高いカスタマイズ性がメリットの一つです。

まず、機能面のカスタマイズは、Shopify専用のアプリをインストールして行えます。Shopifyアプリストアに2,200種類以上の豊富なアプリが公開されており、一部有料のものもありますが、Shopifyを利用している人は自由にインストールできます。

集客に役立つアプリから、クーポン機能やポイント機能を追加できるアプリ、顧客管理アプリなど売り上げを伸ばすために必要なアプリがそろっています。また、APIが充実しているので独自でアプリを開発することも可能です。

次にデザイン面では、スマホやタブレットに対応したテンプレートを利用でき、100種類以上用意されています。HTML/CSSの知識がある方は、テンプレートを使用した上で部分的にカスタマイズも可能です。

これらの機能面・デザイン面のカスタマイズが充実していることで、他のショップと被らないオリジナルECサイトを作ることができます。

決済方法が充実

次に、Shopifyは決済方法が充実しているメリットがあります。

Shopifyは世界175ヶ国以上で利用されているサービスなので、世界中の顧客に対応できる決済方法を用意しています。Shopifyで利用できる決済方法は次のとおりです。

Shopifyで利用できる決済方法
  • Shopify ペイメント
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay
  • PayPal
  • Amazon Pay
  • KOMOJU
  • 携帯キャリア決済
  • Paidy
  • GMOイプシロン
  • SBペイメントサービス
  • 2Checkout
  • CyberSource
  • BitPay

Shopify ペイメントという決済手数料のお得なShopify専用決済手段から、Apple Pay・Google Pay・Amazon Payなど世界中で利用者の多いサービスまで導入できます。

他にも国内顧客向けに携帯キャリア決済を導入できる方法もあるので、幅広い世代やニーズに対応可能です。決済方法が充実していることで、越境ECサイトを構築したい場合にも最適です。

コストパフォーマンスが良い

Shopifyでは、高いカスタマイズ性や豊富な決済方法のあるECサービスを低コストで導入できます。通常プランの最も安いプランでは月額29ドルの固定費で利用でき、顧客数や売上に応じていつでもプランのアップグレードが可能です。

Shopifyの機能を考えれば、月額29ドルで利用できるコストパフォーマンスの良さがわかるはずです。Shopifyの料金プランの詳細は次の通りです。

プラン名 利用料金 管理者数 日本のクレジットカード手数料

(Shopifyペイメント利用時)

海外やAMEXのクレジットカード手数料

(Shopifyペイメント利用時)

Shopifyペイメント以外の決済手数料
Shopify Lite $9/月 オーナーアカウント+スタッフアカウント数が2名まで 3.4% 3.9% 2.0%
ベーシックプラン $29/月 オーナーアカウント+スタッフアカウント数が2名まで 3.4% 3.9% 2.0%
スタンダードプラン $79/月 オーナーアカウント+スタッフアカウント数が5名まで 3.3% 3.85% 1.0%
プレミアムプラン $299/月 オーナーアカウント+スタッフアカウント数が15名まで 3.25% 3.8% 0.5%
Shopify Plus $2,000/月〜 無制限 3.15% 3.75% 0.15%

上位プランになるほど決済手数料がお得になり、登録できるアカウント数が多くなります。すでに売上見込みがあり、複数人で運営していきたい人は最初から上位プランでも良いでしょう。

Shopify(ショッピファイ)の国内企業導入事例:食品編

ここからは、実際にShopify(ショッピファイ)を導入した企業を国内外・業界別に紹介していきます。まずは、食品関連の国内企業の導入事例を3社紹介します。

国内企業導入事例:食品編
  • ゴーゴーカレー
  • オリオンビール
  • BASE FOOD

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレー

金沢から誕生し、日本中でブームとなったゴーゴーカレーのECサイトはShopifyで構築されています。ゴーゴーカレーのECサイトは、Shopifyの公式サイトにも成功事例として掲載されており、企業イメージカラーである黄色がメインに使用され、インパクトのあるデザインで作られています。

初めてゴーゴーカレーを食べる人やプレゼント用に、お得なまとめ買いセットが人気です。他にもファン向けのゴーゴーカレーで使用されているフォークやお皿なども販売され、楽天市場やAmazonとも連携して販路を広げています。

オリオンビール

オリオンビール

オリオンビール

国内シェア第5位の大手ビールメーカーであるオリオンビールのECサイトはShopifyで構築されています。会員機能や定期宅配機能など、オリオンビールファンには嬉しい機能が搭載されたECサイトです。

プレゼント用の飲み比べセットや公式オリジナルグッズの販売など、ここでしか手に入らない商品が揃っています。メールマガジンも配布しており、限定商品の入荷やお得なキャンペーン情報などをいち早く知ることができます。

BASE FOOD

BASE FOOD

BASE FOOD

26種類のビタミンなど体に必要な栄養素を豊富に含んだ健康食品を販売しているBASE FOODのECサイトはShopifyで構築されています。パンやパスタなど普段食べている食品をBASE FOODのものに変えるだけで、必要な栄養素を補うことができる商品です。

トップページには300円OFFで購入できるクーポンコードが掲載され、商品の特徴や効果を丁寧に解説しています。初回20%OFFで購入できるBASE FOOD継続コースも販売しており、固定顧客の確保を行っています。

他にも、インスタグラムやレビューサイトと連携し、口コミを上手に活用して販売しています。

Shopify(ショッピファイ)の国内企業導入事例:電化製品編

続いては、電化製品関連の国内企業のShopify(ショッピファイ)の導入事例を2社紹介します。

国内企業導入事例:電化製品編
  • ガジェマ
  • Furbo

ガジェマ

ガジェマ

ガジェマ

ガジェマはスマートフォンケースやモバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホンなど様々なガジェットを販売しているECサイトで、Shopifyで構築されています。

Amazon PayやApple Payなどガジェットユーザーがよく利用していると考えられる決済方法に対応し、ガジェット好きにはたまらない商品が揃っています。

Furbo

Furbo

Furbo

Tomofun株式会社が提供しているペット用品のFurboドッグカメラのECサイトはShopifyで構築されています。Furboのドッグカメラはお留守番中の愛犬の様子をスマホからいつでも確認できるもので、有名ハリウッド女優が使用していることから人気の高い商品です。Amazonとも連携し、世界中のペット愛好家に利用されています。

実際に録画したペットの動画と共に、口コミが掲載されており、購入後の使用イメージがしやすいです。リアルタイムで顧客とコミュニケーションが可能なチャット機能も搭載しています。

Shopify(ショッピファイ)の国内企業導入事例:その他

その他の業界における国内企業のShopify(ショッピファイ)の導入事例を3社紹介します。

国内企業導入事例:その他
  • COHINA
  • サンリオ
  • KINTO

COHINA

COHINA

COHINA

COHINAは小柄な女性をターゲットにファッション商品を販売しているショップで、Shopifyを利用して構築されています。サイトデザインはシンプルながら必要な機能が搭載されわかりやすく、個別の商品ページでは着用イメージ写真が多く掲載され、購入前の不安を取り除くことができます。

掲載されているモデルさんも小柄な方が採用され、着こなし方法やコーディネート集が掲載されています。身長別の着用画像を確認することもでき、顧客満足度の高いショップとなっています。

Instagram(インスタグラム)と連携して、顧客はインスタグラムのアプリ上で簡単にお気に入りの商品を買うことができます。

サンリオ

サンリオ

サンリオ

日本発祥で世界的に熱烈なファンの多いハローキティを手がけるサンリオのECサイトはShopifyで構築されています。日本国内のECサイトはShopifyではありませんが、イギリスとアメリカのECサイトはShopifyで作られています。

ブログや実店舗検索機能、会員登録機能を実装し、ファンの多いサンリオならではの顧客とつながりを生む作りになっています。販売している商品数が非常に多く、自分の好きなキャラクターの商品を探し出せるデザインです。

KINTO

KINTO

KINTO

使い心地の良い生活雑貨を販売しているKINTOのECサイトはShopifyで構築されています。おしゃれで洗練されたデザインで、トップページのファーストビューでは人気商品がスライドで表示されます。掲載されている写真はどれも美しく、ブランドイメージが細かい部分からも作られていることがわかります。

マグカップやボトル、コーヒーメーカーなど、日常的に使用するアイテムをちょっとおしゃれにしたい場合に最適です。Styling Galleryというカテゴリーを見ると、KINTOの商品を使用した美しい写真が掲載され、気になる商品を簡単に見つけることができます。

Shopify(ショッピファイ)の海外企業導入事例:食品編

続いては、食品関連の海外企業のShopify(ショッピファイ)の導入事例を3社紹介します。

海外企業導入事例:食品編
  • レッドブル
  • ペプシ
  • ネスレ

レッドブル

Red Bull

レッドブル

世界中で有名なレッドブルのECサイトもShopifyで構築されています。レッドブルはエナジードリンクとして有名ですが、バイクレースやサーキットレースなど様々なレースイベントのスポンサーとしても有名で、レッドブル主催のイベントを数多く開催しています。

ECサイトではエナジードリンクではなく、主にファッション商品を取り扱っています。レース記念Tシャツやキャップなど、ECサイトでしか手に入らない商品が揃っています。

おしゃれな写真でレッドブルのイメージに合うデザインで作られているショップです。

ぺプシ

pepsi

ペプシ

ペプシコーラで有名な世界的飲料ブランドのペプシのECサイトはShopifyで構築されています。写真を画面いっぱいに使用したデザインで、ランディングページのようなトップページになっています。

複数のメールマガジンを配布し、顧客ニーズに合わせた配信を行っています。会員機能や各種SNSとの連携を行い、情報をシェアしやすい機能が整っています。

ネスレ

Nestle

ネスレ

世界的な飲料・食料品会社ネスレのECサイトはShopifyで構築されています。職場向け・ご家庭向け・お店向けの商品がカテゴリー分けされており、専用のマシンメーカーのレンタル商品も提供しています。

マシンは無料でレンタルできるものもあり、カートリッジの交換や付属品、洗浄剤で利益を上げています。プレゼント用の商品も販売しており、贈って喜ばれるアイテムを簡単に見つけられます。

Shopify(ショッピファイ)の海外企業導入事例:アパレル編

続いて、アパレル関連の海外企業のShopify(ショッピファイ)の導入事例を3社紹介します。

海外企業導入事例:アパレル編
  • ジムシャーク
  • Allbirds
  • Spaling Child

ジムシャーク

ジムシャーク

ジムシャーク

男性・女性用のフィットネスアパレルを販売しているジムシャークのECサイトはShopifyで構築されています。ジムシャークはイギリスを拠点に販売していましたが、Shopifyで越境ECサイトを構築したことで、世界中で人気のフィットネスアパレルへと成長しています。

ブログやメールマガジン、会員機能を搭載し、ジムシャークウェアを着用したトレーニングの公開まで行っています。また、Instagram(インスタグラム)やFacebook(フェイスブック)などSNSと連携することで多くのフォロワーを獲得し、インスタグラムからの販売で成果を上げています。

Allbirds

Allbirds

Allbirds

サンフランシスコ誕生のスニーカーブランドAllibirdsのECサイトはShopifyで構築されています。2020年1月には日本市場にも参入し、履き心地や通気性の高さから人気が高まっています。

ECサイトでは開発までのストーリーや取り組みをトップページに掲載し、商品の魅力を伝えています。メールマガジンも発行しており、商品のファン作りに取り組んでいます。

Spaling Child

Spaling Child

Spaling Child

オーストラリアやアメリカを中心にベビー服を販売しているSpaling ChildのECサイトはShopifyで構築されています。商品はオーガニック素材を使用して作られ、赤ちゃんの肌を痛めない作りになっています。

サイト全体が柔らかい色合いやフォントで構成され、ブランドイメージが作られています。メールマガジンも配布しており、最新商品情報やキャンペーン情報を得ることができます。

Shopify(ショッピファイ)の海外企業導入事例:その他

最後に、その他の業界の海外企業のShopify(ショッピファイ)の導入事例を2社紹介します。

海外導入事例:その他
  • ニューヨークタイムズ
  • テスラモーターズ

ニューヨークタイムズ

New York Times

ニューヨークタイムズ

ニューヨークに本社を置く大手新聞ニューヨークタイムズのECサイトはShopifyで構築されています。サイト上で記事を読むことができ、有料記事は定期購読することで読めるようになります。

日本語への翻訳も正確に行われ、英語がわからない方でも情報を得ることができます。

テスラモーターズ

TESLA

テスラモーターズ

テスラモーターズは電気自動車を販売している大手自動車メーカーで、CEOのイーロンマスク氏も非常に有名です。テクノロジー分野やエネルギー分野で大きな成長を遂げており、非常に人気が高まっています。

ショップでは各モデルの概要や在庫を確認することができ、試乗を予約することも可能です。デザインでは必要最低限の要素だけを掲載し、テスラの車以外の写真はあまり掲載されていません。商品を一番にアピールしている点が参考になるでしょう。

まとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)の国内導入数や利用するメリット、国内外企業の導入実例を16種類紹介しました。

Shopifyはデザイン面や機能面のカスタマイズ性が高いことや、決済方法が充実していることで、世界中の有名企業で導入されています。実例を見て、同じShopifyで構築されたECサイトでも違いが分かるはずです。

Shopifyを利用すれば、実例の通りあらゆるデザインのECサイトを構築でき、世界に一つだけのオリジナルショップの運営を始められます。しかし、ShopifyでECサイトを構築してから集客対策や販売戦略を実行していくには、専門的な知識が必要になります。

Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。

お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。