Shopifyでメルマガ配信する方法

Shopify(ショッピファイ)のショップに訪問した方や、購入した方のメールアドレスを取得することでメルマガ配信を行えるようになり、顧客との継続的なつながりを作ることができます。顧客の属性や購入した商品などでセグメントを分けて配信すれば、リピート購入を促し、LTVの最大化が可能です。

そこで今回は、Shopifyでメルマガを配信するメリットや運用ポイント、おすすめのメルマガ配信アプリを紹介します。売り上げを増やしたい方は、この記事を参考にメールマーケティングを始めてみてください。

Shopify(ショッピファイ)でメルマガを配信するメリット

Shopify(ショッピファイ)でメルマガを配信するメリットは次の通りです。

メルマガを配信するメリット
  • 顧客に直接リーチできる
  • リピート率向上につながる
  • 安価な値段で始められる
  • ショップ運営に活かせる

顧客に直接リーチできる

メルマガを配信する大きなメリットは、顧客に直接リーチできることです。

検索エンジンから集客するSEO対策やリスティング広告などは、ユーザーが検索した結果に連動して自社サイトが表示されるため、基本的には待ちの販促方法です。しかし、ユーザーのメールアドレスを取得できれば、配信タイミングやメルマガの内容をユーザー別に最適化した状態で直接販促が行えます。

当然、大多数に最適化された広告よりも、特定のユーザーに刺さるように具体的なアプローチを行えるメルマガの方が、効果が高いです。商品購入時や資料請求時にメールアドレスを取得することで、見込み客を効率良く獲得できるでしょう。

リピート率向上につながる

メルマガを定期的に配信することで単純接触効果を発揮し、ブランドや商品に対する親しみや信頼感を強化できます。以前に購入した商品名をタイトルに含めたり、よりグレードの高い商品を販促したりすることで、自然とリピート率の向上を期待できます。

また、メルマガ登録限定クーポンの配布など特典を設けることで、自社のリピーターとして継続的な売り上げを獲得できるでしょう。

安価な値段で始められる

メルマガは従量課金制で、配信数量に応じて費用が決まる仕組みを採用している場合が多く、安価な値段で始められます。

チラシを配るとなると、印刷代や郵送代・人件費などさまざまなコストがかかります。メルマガは、配信サービスの利用料のみで簡単に運用できるので、費用対効果の優れたマーケティング手法です。

ショップ運営に活かせる

メルマガは低コストで始められ顧客に直接リーチできるので、顧客の反応データをショップ運営に活かすことができます。開封率の高いタイトルはショップの商品ページでも使用できますし、コンバージョン率の高い商品を横展開して拡大することも考えられます。

開封率・クリック率・コンバージョン率・リンク先ページの離脱率などを分析することで、ショップの改善案を見つけることができるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)メールの特徴

Shopify(ショッピファイ)にはデフォルトでメール配信機能が搭載されています。その特徴は次のとおりです。

Shopifyメールの特徴
  • 顧客データをそのまま使用できる
  • 操作性がシンプル
  • 毎月2,500通まで無料
  • メール分析も可能

顧客データをそのまま使用できる

Shopifyメールでは、顧客データをそのまま使用して配信できます。これにより、ユーザーをさまざまなグループでセグメントでき、自由に顧客グループを保存可能です。

外部メルマガサービスではShopifyの顧客データを使用できないものもあるため、まずは使いやすいShopifyメールを活用すると良いでしょう。

操作性がシンプル

Shopifyメールの操作性は非常にシンプルで、さまざまなデザインを作成できるHTMLメールを利用できます。文章だけでなく、写真やCTAボタン、商品情報、ディスカウントコードなど、魅力的なメール内容を簡単に作成可能です。

HTMLの知識のない方でも、クリック一つで素材の配置やフォントサイズの変更、カラー変更を行えるので非常に便利です。

毎月2,500通まで無料

Shopifyメールは無料で毎月2,500通まで配信できます。2,500通を超える場合のみ、従量課金制として1,000件の配信ごとに1ドル課金されます。

1,000件ごとに1ドルの料金は非常に安価だといえるため、初めてメールマーケティングを行う場合や、顧客の少ないショップの場合は、Shopifyメールで十分効果的な運用を行えるでしょう。

メール分析も可能

Shopifyメールでは、効果の分析もしっかり行えます。

Shopifyメールの分析機能
  • 配信率
  • 購読解除数
  • 開封率
  • クリック率
  • コンバージョン率
  • コンバージョン金額

他にもさまざまなデータ分析が可能です。ただメールを配信するだけでなく、1通ごとに顧客の行動を細かく把握することができるので、データをもとに効果的な改善を行えます。

Shopifyメールについて詳しく知りたい方はこちら:

Shopify(ショッピファイ)でおすすめのメルマガ配信アプリ

続いては、Shopify(ショッピファイ)でアプリを使ってメルマガを配信したい方に向けて、おすすめのメルマガ配信アプリを紹介しましょう。

おすすめのメルマガ配信アプリ
  • Klaviyo
  • Ominisend
  • Privy

Klaviyo

Klaviyo

画像引用元:Klaviyo

Klaviyoは、Shopifyの顧客データを活用してメールマーケティングやSMSメッセージの送信を行えるアプリです。他のアプリとの互換性が高く、100以上のアプリやシステムと統合が可能です。配信したメールのA/Bテストや開封率やクリック率などのデータ分析も行えます。

インストールから最大250件の連絡先へのメール配信、最大50件のSMS配信を無料で行えます。メール配信は最大500件の連絡先まで月額20ドルになります。詳細な利用料金は、メール配信数によって決まる従量課金制になりますが、Klaviyoの公式サイトから配信数を入力することで料金が算出されるシミュレーション機能を利用できるので、試してみてください。

Omnisend Email Marketing &SMS

Omnisend Email Marketing &SMS

画像引用元:Omnisend Email Marketing & SMS

Omnisend Email Marketing & SMSはメール配信を自動化できるアプリで、配信のワークフローを一度設定すれば、メールマーケティングを手間なく行えます。セグメント機能は、顧客の購買履歴やキャンペーン行動履歴から分類でき、配信タイミングの設定も柔軟に決められます。

シンプルなメルマガ配信の他に、会員登録後の案内メールやリマインドメール、ステップメールなども設定次第で配信できます。メールマーケティングに役立つLPの制作や登録特典の提示も行えるので、非常に機能性に優れた優良アプリの一つです。

インストールから月15,000件の配信まで無料で利用できます。その後は、加入者数に基づいて月額16ドルから費用が発生します。無料で配信できる件数が多いので、実際に利用してから有料プランを検討してみてください。

Omnisend Email Marketingについてはこちらで詳しく解説しています:

Privy

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMS

画像引用元:Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMS

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMSは、メルマガ配信や購読者獲得に便利なポップアップ機能が便利なアプリです。メルマガ配信の基本的な機能は全て利用でき、サンクスメールやフォローメール、リマインドメールなどを自動的に配信できます。

Shopifyのストアに訪問したユーザーに、メルマガ登録を促すポップアップを表示することができ、メルマガ登録でクーポンプレゼントなどの施策も行えます。

インストールから最大100件の連絡先に対しては無料でメルマガ配信を行えます。その後は1,000件の連絡先追加ごとに月額15ドルの費用が発生します。15日間の無料体験を実施しているので、実際に使用してから利用を検討してください。

Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMSについてはこちらで詳しく解説しています:

Shopify(ショッピファイ)でメルマガを配信するポイント

最後に、Shopify(ショッピファイ)でメルマガを配信する際のポイントを解説します。

メルマガ配信のポイント
  • 件名で内容を理解できるようにする
  • 短く見やすい文章にする
  • ターゲットによって配信時間を設定する
  • 定期的に効果を分析する

件名で内容を理解できるようにする

メールマーケティングでは、開封率が非常に重要な指標になります。まずはメールを開いてもらうことがファーストステップになるので、件名で内容を理解できるようにしましょう。

また、件名には具体的な数字を使用し、ターゲットユーザーが興味を引かれる内容を簡潔に書くようにします。メルマガの配信を希望しているユーザーは、自社以外にもメルマガを受信している可能性が高いです。他のメルマガに埋もれないためにも、目立つタイトルデザインを心がけて、短くインパクトのある内容を考えてみてください。

短く見やすい文章にする

メールを開いてもらってからも大切なポイントがあります。メール本文は、ファーストインパクトがとても大切で、短く見やすい文章構成で作成してください。

ファーストインパクトで、小さい文字だけが羅列されている文章では、せっかく開封してもらっても最後まで読まれる可能性はありません。なるべくユーザーが使用しているデバイスに左右されない、見やすい文章を作成するようにしましょう。

ユーザーが使用するデバイスには、スマホだけでなくパソコンやタブレットもあります。どのデバイスで見ても問題のないライティングを行い、崩れやすいデザインはなるべく避けます。

短く見やすい文章を作成するコツとしては、文章量を気にせずライティングを行い、後から最低限必要な文章だけに添削する方法です。文章を短くする方がユーザーに伝えたい情報を正確に届けられるようになり、CVR(コンバージョン率)が高まる効果もあります。

ターゲットによって配信時間を設定する

メルマガを配信するタイミングも開封率に大きく関わる重要なポイントです。ベストな配信時間はターゲットによって異なるので、ユーザーの行動パターンを分析して、最も開封率が高くなる曜日と時間帯を調査しましょう。

開封率を高めるには、まずは配信したメルマガを目に留めてもらわなければならないので、配信時間のテストを行いながらベストタイミングを探してみてください。

定期的に効果を分析する

メールマーケティングでは定期的に効果を分析し、改善を繰り返すことが大切です。メルマガの効果測定に重要な指標は次のとおりです。

メルマガの効果測定に重要な指標
  • 開封率
  • クリック率
  • コンバージョン率
  • エラー率
  • 配信停止率
  • 配信直後のレスポンス

開封率は、配信数あたりのメールを開いたユーザーの割合のことです。配信タイミングやタイトルによって開封率は変化します。ECサイトの平均開封率は約16%といわれています。

クリック率は、メルマガを開封後に、リンクをクリックしたユーザーの割合です。クリック率の低いメルマガは、ユーザーに魅力的な提案を行えていないと考えられます。ECサイトの平均クリック率は約2%前後と言われています。

コンバージョン率は、クリックしたユーザーが商品の購入や申込みを行なった割合です。最終的なコンバージョン率を高めるために、開封率やクリック率改善の施策を行います。

エラー率は、配信したメールが正常に届かなかった割合です。エラーの原因はさまざまですが、継続的にエラーが多い場合は、リストの見直しが必要です。

他にも配信後に購読を解除した割合の配信停止率や、配信直後の反応率なども定期的にチェックすることをおすすめします。これらの指標を総合的に分析して、ROIの最大化を目指して運用していきましょう。

まとめ

Shopify(ショッピファイ)でメルマガ配信を行うメリットや運用ポイント、おすすめのメルマガ配信アプリを紹介しました。メールマーケティングを実施することで、顧客とのつながりを構築することができ、顧客のセグメントに合わせた直接的なアプローチを行えます。

紹介したメルマガ配信アプリは、無料で配信できる件数が異なるので、ショップ規模に合わせて検討してください。

解説した通り、Shopifyでメールマーケティングを始めることは簡単で、低コストで配信できます。しかし、メルマガでリピーターを増やしたり自動的に売り上げが発生したりする仕組みを構築するには、専門的なマーケティングノウハウや業界知識などが必要です。Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。

Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。