Shopifyペイメント

オンラインショップを開設する上で、多くの運営担当者を悩ませる「決済サービス」。

さまざまな特徴を持った決済サービスが数えきれないほどリリースされ、導入するサービスを決定するまでには多くの労力を必要とすることでしょう。

そんな悩める方々のために、この記事ではECサイト制作サービスで世界シェアNo.1を誇る「Shopify(ショッピファイ)」で導入可能な決済サービス「Shopify Payment(ショッピファイ ペイメント)」を紹介します。

Shopifyが世界中の企業・事業主から絶大な信頼を寄せられている理由の一つである、Shopify Paymentの圧倒的な使い易さについて解説します。

Shopify Paymentとは

Shopifyペイメント

画像引用元:Shopify

 

先ほどお伝えしたように、Shopify Payment(ショッピファイペイメント)は、オンラインストア制作のプラットフォーム「Shopify」で導入可能な決済サービスの一つです。

決済サービスはECサイト構築の際に導入が必要不可欠ですが、初めてECサイトを開設する方にとってはわからないことも多いですよね。

そこで、まずは決済サービスとはどのようなものなのか、そしてShopify Paymentで利用できる決済サービスについて紹介します。

決済サービスとは

決済サービスとは、その場で現金の受け渡しができないオンラインショッピングでお金をやり取りするためのサービスです。

クレジットカードや電子マネー、コンビニ払いに代金引換など、選択した決済サービスによってさまざまな決済方法を消費者に提供することができます。

なお、オンラインでの決済ではECサイト運営者が売上金額の数パーセントを手数料として決済サービス会社に支払わなければならないことが一般的です。

選択する決済サービスによって手数料は異なるため、決済サービスは慎重に選びましょう。

利用できる決済サービス一覧

Shopifyの公式決済サービスであるShopify Paymentでは、一つのプロバイダで次の決済サービスを利用することが可能です。

決済サービス一覧
  • Visa
  • Master card
  • AMEX
  • Shop Pay
  • Apple pay
  • Google pay

    Shopify Paymentが日本未上陸だった頃は、クレジットカード決済を行うにも外部決済サービスの導入が必要でした。

    外部サービスはShopifyアカウントとは別に登録しなければならず、支払いの確認などを外部サービスのサイトで見ることは非常に手間がかかります。

    しかし、Shopify Paymentの導入により、Shopifyのアカウントで上記の決済サービスを管理できるようになったのです。

    その他利用できる外部決済サービス一覧

    6種の幅広い決済方法に対応しているShopify Payment。

    世の中にはそれ以上に数えきれないほどの決済サービスが存在し、消費者は自身にとって使い易い決済サービスを選んで利用しています。

     

    オンラインショッピングの際、普段使っている決済サービスが利用できなければ、購入意欲は下がってしまいますよね。

    それを防ぐためにも、Shopify Paymentではカバーしきれない決済方法を、他の決済サービスとの併用で補うことは非常に重要です。

    ここでは、Shopifyで利用できるShopify Payment以外の決済サービスを一覧にまとめました。

    導入サービスの検討に活用してみてください。

    決済方法 対応ブランド 特徴
    Amazon Pay
    • VISA
    • Mastercard
    • American Express
    • JCB
    Amazonアカウントにログインすれば、

    住所やクレジットカード情報などが自動入力される

    KOMOJU
    • VISA
    • MasterCard
    • American Express
    • JCB
    • Diners
    • コンビニ支払いに対応
    • Pay-easyやデジタルマネー決済も使える
    PayPal
    • VISA
    • MasterCard
    • American Express
    • JCB
    • 銀聯など
    • 海外の利用率が高く、越境ECに強い
    • Shopifyネットショップ開設時点ですでに導入されている
    携帯キャリア決済
    • NTT docomo
    • au
    • SoftBank
    • 携帯電話料金と一緒に請求
    • されるので、代金未回収のリスクが無い
    • クレジットカードを持っていなくても決済できる
    Stripe
    • VISA
    • Mastercard
    • American Express
    • JCB
    • アカウント開設が容易
    • 対応サービスが比較的少ないJCBも利用可能

    ショップへ訪れるお客様が増えるほど、決済サービスの幅も広く用意しておきたいもの。

    ニーズの取りこぼしがないよう、できる限り決済サービスは多く対応しておきたいですね。

    複数の決済を選択する時の注意事項

    さまざまな決済方法を消費者に対し用意するためには、Shopify Paymentとその他の決済サービスの併用が必要です。

    しかし、複数の決済を併用して導入する際に注意して欲しいことが、「チェックアウト画面に2つの決済サービスが表示される」という点です。

     

    例えば、「Shopify Payment」と「KOMOJU」を併用利用しているケースを考えてみましょう。

    2つの決済サービスはともに「VISA」を導入しており、チェックアウト画面上に重複して表示されてしまうことがあります。

    この場合、VISAユーザーはどちらを選択すれば良いのかわからなくなり、最悪の場合サイトから離脱してしまう可能性もあるでしょう。

     

    誰しもが慎重になる「お金の支払い」というシーンにおいて、ユーザーを惑わせることはできるだけ避けたいところですが、システム上どうしても発生してしまうのがこの現象です。

    複数の決済サービスを利用する場合は注意が必要です。

    Shopify Paymentを利用するメリット

    カート機能

    ここからは、Shopify Paymentを利用するメリットについて、具体的に6つ紹介していきます。

    ECサイト運営者にとっては、どれも非常に魅力的なポイントばかりです!

    Shopifyペイメントのメリット
    • 取引手数料が無料になる
    • 国内外の顧客に届けられる
    • CVR(コンバージョン率)を高められる
    • 決済方法の登録がとても簡単ですぐにできる
    • 管理画面からリアルタイムで支払い額の確認ができる
    • 不正注文防止機能でリスク回避できる

    メリット①:取引手数料が無料になる

    Shopify Paymentを利用する最大のメリットと言っても過言ではないのが、「取引手数料が無料になる」という点です。

    Shopify Paymentを使用しない(外部決済サービスのみ使用する)場合、Shopify契約プランに応じて次の通りの取引手数料が発生します。

    Shopify Paymentを使用しない場合取引手数料
    • ベーシックプラン:2.0%
    • スタンダードプラン:1.0%
    • プレミアムプラン:0.5%
    • Shopify Plus:0.15%

      パーセンテージで見ればそこまで大きくはありませんが、お店の総売上に対して上記の手数料がかかるとなると大きな金額になります。

      これがゼロ円になるとは、何とも太っ腹なサービスです。

      また、外部を含めた複数の決済サービスを利用する場合でも、その決済サービスの中にShopify Paymentが含まれていれば、他のサービスで決済した売上分も含め取引手数料が無料になるのも嬉しいところ。

      ユーザーの利便性を重視して、さまざまな決済方法を取り入れたい方も安心です。

      メリット②:国内外の顧客に届けられる

      Shopify Paymentが対応している決済サービスの「Visa」「Master card」「AMEX」は、世界中で使用できる国際ブランドのクレジットカードです。

      したがって、日本国外の消費者にとっても使い易い決済サービスとなっており、越境ECにも最適と言えるでしょう。

      また、日本円の他に多通貨決済も可能となっています。

      メリット③:CVR(コンバージョン率)を高められる

      商品の購入を検討した人のうち、どれだけの人が実際に商品を購入したかを示すCVR(コンバージョン率)。

      消費者にとって使いにくい決済サービスは購入手続き時の離脱率を高めてしまい、コンバージョン率を下げる大きな要因になります。

      しかし、このShopify Paymentで利用可能な決済サービス「Shop Pay」「Apple pay」「Google pay」は、他の決済サービスに比べて手続きの手間が非常に少ないことが特徴です。

       

      例えば、「Shop Pay」であれば、Shopify Paymentを使用したShop Pay決済を導入している他のストアで買い物したことがあれば、クレジットカード情報・住所を自動で入力することができます。

      こうした利便性の高いサービスは消費者の満足度を高め、コンバージョン率アップに貢献してくれます。

      メリット④:決済方法の登録がとても簡単ですぐにできる

      Shopify Paymentは、利用する際に外部の新たなアカウント取得や登録は不要です。

      Shopifyの管理画面で簡単に決済方法を登録することができます。

      詳しい登録方法についてはこの後紹介するので、内容をぜひチェックしてください。

      メリット⑤:管理画面からリアルタイムで支払い額の確認ができる

      オンラインビジネスにおいては、リアルタイムで売上状況を把握できることが大きなメリットであり必要不可欠な要素です。

      Shopify Paymentでは、いつものShopify管理画面から簡単にリアルタイムでの支払い額を確認することができます。

      また、保留中の支払い額や次の支払い日を確認したり、銀行口座への支払い振り込み時にメールで通知されるよう設定することも可能です。

      金銭のやり取りは心配事も多いですが、Shopify Paymentの機能により安心してビジネスに取り組むことができるでしょう。

      メリット⑥:不正注文防止機能でリスク回避できる

      オンライン決済で非常に怖いのが、カードの不正利用です。

      消費者にとって勝手に大切なお金が引き落とされてしまうのは由々しき事態ですが、サイト運営側にとっても厄介な状況となります。

       

      もしも消費者が不正利用に対して異議申し立てを行った場合、ショップは適切な情報を提供することによって「本当に不正利用なのか」証明しなければなりませんが、そのためにかかる手間は膨大でしょう。

      しかし、Shopify Paymentを利用していれば、その証明のための情報をShopify側が収集・提供してくれます。

       

      また、クレジットカードのセキュリティコードもしくは郵便番号の認証に失敗した場合、注文を拒否するように設定することも可能です。

      これにより、不正注文を受けるリスクを回避することができます。

      Shopify Paymentに登録する上で知っておきたいこと

      Shopifyの機能

      ここからは、実際にShopify Paymentを導入するための必要情報をお伝えします。

      決済サービスの中でも非常に簡単に登録できるサービスなので、「決済に関わる登録って難しそう……」と気後れする必要はまったくありません。

      登録に必要な手続き

      Shopify Paymentは、Shopifyユーザーであれば誰でも利用できる決済サービスです。

      よって外部サービスへの登録は不要ですが、設定する際には次の情報をあらかじめ用意しておいてください。

      登録に必要となる情報
      • 会社(個人事業主)情報
      • 個人情報
      • サービスの詳細
      • カード明細書に表示させる請求書情報
      • 銀行口座(支払い受け取り用)
      • 銀行情報

        手数料

        Shopify Paymentを利用することにより取引手数料は無料となりますが、クレジットカード決済における手数料は発生します。

        プランによって金額が異なるため、下の表を参考にしてみてください。

        外部の決済サービスと比較すると、比較的割安な手数料設定になっています。

        手数料 ベーシック スタンダード プレミアム Shopify Plus
        日本のカード手数料

        (VISA・Master card等)

        3.40% 3.30% 3.25% 3.15%
        海外のカード手数料

        (AMEX等)

        3.90% 3.85% 3.80% 3.75%

        設定方法と手順

        ECサイトを運営する女性

        続いては、具体的なShopify Paymentの設定方法・手順についてお伝えします。

        わずか3ステップで、誰でも簡単に登録することができますよ。

        Shopify Paymentの設定方法と手順
        1. 管理画面から、[設定] > [決済設定] へ移動する
        2. Shopify Paymentを有効にする
        3. ストアと銀行情報の必要項目を入力する

        ステップ①:管理画面から、[設定] > [決済設定] へ移動する

        Shopify管理画面左下の「設定」をクリックし、右画面で「決済設定」を選択してください。

        ステップ②:Shopify Paymentを有効にする

        さまざまな決済サービスが表示される中で、Shopify Paymentセクションの中にある「アカウントの設定を完了する」をクリックします。

        ※もしすでに使っている他のクレジットカード決済サービスからShopify Paymentに変更する場合は、「Shopify ペイメントを有効にする」をクリックして表示される「プロバイダを変更する」ダイアログで、Shopify Paymentを有効にします(他のクレジットカード決済サービスは削除されます)。

        ステップ③:ストアと銀行情報の必要項目を入力する

        Shopify Paymentを利用するにあたり、必要な情報を登録する画面が表示されます。

        全ての必要項目を入力し、「保存」ボタンをクリックしてください。

        以上で、Shopify Paymentの設定は完了です!

        まとめ

        決済サービスのShopify Paymentについて解説しました。

        設定が難しい印象の決済サービスですが、Shopify Paymentは非常に簡単で特徴も明確。

        メリットが多く、使わない理由を探すほうが難しいくらいです。

         

        ECビジネスの運営をスムーズに、かつ利益まで増やすことのできるShopify Paymentは利用必須のサービスと言えるでしょう。

        未導入の方は、これを機に是非導入を検討してみてください!