Shopifyペイメント

「Shopifyペイメントってどんな決済方法なの?」「Shopifyを利用する場合はShopifyペイメントを導入するべき?」そう思っている方は少なくありません。Shopifyペイメントを利用することで、ECサイト運営にかかるコストを大幅に下げることができ、ユーザーの購入率を高めることも可能です。

今回は、Shopify(ショッピファイ)でECサイト運営をお得にコスパ良く利用できる決済方法である「Shopifyペイメント」について解説します。利用すべきメリットが非常に多い決済方法なので、この記事を参考にShopifyペイメントを導入してみてください。

Shopifyペイメントとは?

Shopifyペイメント

Shopifyペイメント(Shopify Payments)は、外部サービスのアカウントがなくてもオンライン決済ができるサービスで、国内外のクレジットカードに対応して、お得に決済を行うことができます。

対応クレジットカード
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

上記のクレジットカード以外にも、Shop Pay、Apple Pay、Google Payも利用可能です。Shopifyを利用する場合、Shopifyペイメントを導入するメリットは非常に大きいため、ECサイトを構築したら必ず導入しておきましょう。

Shopifyペイメントを利用するメリット

Shopifyペイメント(Shopify Payments)を利用するメリットは次のとおりです。ShopifyでECサイト運営を行うなら、Shopifyペイメントを利用しない理由がないくらい多くのメリットがあるので、これからECサイトを構築する方は、最初に導入しておきましょう。

メリット
  • 取引手数料が無料になる
  • 振込手数料が無料になる
  • 導入に審査が要らない
  • カゴ落ちを防げる
  • 海外の方にも販売できる
  • リアルタイムで支払額を確認できる
  • 不正注文を防止できる

取引手数料が無料になる

Shopifyペイメントを利用する最も大きなメリットは、取引手数料が無料になることです。

ShopifyでECサイト運営にかかるコストは、月額費用以外にも、商品が購入された際に発生する決済手数料や取引手数料があります。この取引手数料を無料にできるので、売り上げが増えた場合でも、コストを低く抑えることができます。

Shopifyペイメントを利用しない場合の取引手数料は、プランによって異なります。

ライトプラン ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン Shopify Plus
2.0% 2.0% 1.0% 0.5% 0.15%

上位プランになるほど取引手数料は低くなりますが、加えて決済手数料も発生するため大きな負担になります。

例えば、ベーシックプランで国内クレジットカードを利用した場合は、決済手数料3.4%+取引手数料2.0%=合計5.4%の手数料が、商品が売れる度に発生します。5.4%の手数料はShopify以外のECサービスを利用するよりも高くなってしまうため、Shopifyをお得に利用したい方は必ずShopifyペイメントを導入しておきましょう。

振込手数料が無料になる

Shopifyペイメントを利用すれば、取引手数料だけでなく、売り上げの振込手数料も無料になります。

Shopifyは翌週の金曜日に振込を申請できます。資金が少なく売り上げをすぐに回収したい方は振込回数が多くなってしまうため、Shopifyペイメントを利用して手数料を無料にしておきましょう。

導入に審査が要らない

Shopifyペイメントの導入には審査が必要ありません。面倒な書類を準備したり、審査期間販売できなくなったりすることもなく、ShopifyでECサイトを構築したらすぐに導入することが可能です。

他の決済サービスは一部審査が必要になるものもあるので、簡単に導入できるShopifyペイメントを最初に追加しておきましょう。

カゴ落ちを防げる

Shopifyペイメントを利用すれば、カゴ落ちを防ぐ効果があります。カゴ落ちとは、ユーザーが商品をカートに入れて購入寸前まで到達したものの決済完了までの手順が多かったり、使用したい決済方法がなかったりした場合に、購入をやめてしまうことをいいます。

せっかく集客して商品をカートまで入れてもらったのに、購入してもらえないのは非常に大きな機会損失になります。

Shopifyペイメントを利用すれば、国内外のクレジットカードが使えるようになり、Shop PayやApple Pay、Google Payといった決済手続きが非常に簡単な支払い方法も使えます。

また、Shopifyペイメントで一度でも購入したことがあるユーザーは、クレジットカード情報や住所を自動で入力できるので、カゴ落ちを防ぐことが可能です。カゴ落ちでの機会損失は非常に大きいので、なるべく決済手続きを簡単にして、決済手段が多いShopifyペイメントを利用することをおすすめします。

海外の方にも販売できる

Shopifyペイメントで利用できるクレジットカードは、国内外で使用されている国際ブランドなので、越境ECサイトを構築して海外向けに販売したい方におすすめです。Shopifyは多言語・多通貨に対応しやすい特徴があり、Shopifyペイメントで海外の方でも購入しやすい決済手段を用意しておくようにしましょう。

リアルタイムで支払額を確認できる

Shopifyペイメントで決済された売り上げや支払い確認は、リアルタイムで管理画面から簡単に行えます。

Shopifyでは管理画面から売り上げ推移や支払額、保留中の支払いや支払日を確認でき、専用のスマホアプリからも確認できます。決済サービスごとに別の管理画面を確認する必要はないため、手間がかからず非常に便利です。

不正注文を防止できる

Shopifyをベーシックプラン以上のプランで契約している方は、Shopifyペイメントを利用することで、不正解析機能が使えるようになり、クレジットカードの不正注文を防止できます。不正注文が行われた可能性がある場合は、不正の疑惑がある注文に注意勧告を出してくれるため、注文を調べたりキャンセルを行ったりすることが可能です。

クレジットカードのなりすましによる不正注文が行われると、発送した商品が戻ってこなかったり、クレジットカード会社に返金を行う必要があったりして、商品とお金の両方を失ってしまいます。ECサイトを安心安全に運営したい方は、ベーシックプラン以上かつShopifyペイメントを利用するのが良いでしょう。

Shopifyペイメントの決済手数料

続いては、Shopifyペイメント(Shopify Payments)を利用した場合、商品が売れた際に発生する決済手数料を紹介します。取引手数料と振込手数料は無料になりますが、クレジットカード決済での手数料は必要なので、カードブランドと利用プラン別に確認してください。

決済手数料 ライトプラン ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン Shopify Plus
VISA・Master Card 3.40% 3.40% 3.30% 3.25% 3.15%
American Express 3.90% 3.90% 3.85% 3.80% 3.75%
JCB 4.15% 4.15% 4.10% 4.05% 3.75%

Shopifyペイメントを利用した場合は、上の決済手数料となります。上位プランの方が安くお得になり、全プラン共通でAmerican ExpressやJCBなどのブランドは高くなります。

ShopifyでECサイト運営にかかるコストは、Shopifyペイメントを利用した場合、月額費用と上記の決済手数料が基本になるので、想定される売り上げ見込みから利用プランを選んでみてください。

Shopifyペイメントの設定方法

最後に、Shopifyペイメント(Shopify Payments)を利用するための設定方法を解説します。簡単な設定を行えばすぐに導入できるので、参考にしてみてください。

Shopifyペイメントの設定方法
  • Shopifyペイメントを有効化する
  • 情報を登録する
  • Shopifyペイメントの各種設定を行う

Shopifyペイメントを有効化する

まず、Shopifyの管理画面の設定から決済設定を選択し、Shopifyペイメントの「アカウントの設定を完了する」をクリックします。他の決済サービスを利用している場合は「プロバイダを変更する」を選択して、Shopifyペイメントを有効にしてください。

特別な理由がない限り、Shopifyペイメント以外の決済サービスを利用するメリットはあまりないので、早めに変更しておきましょう。

情報を登録する

次に、必要情報を登録します。解説したとおり、Shopifyペイメントは審査がないため、情報を登録して設定したらすぐに利用を始められます。

Shopifyペイメントで登録する情報
  • 会社または個人事業主情報
  • 個人情報
  • 銀行口座情報(売り上げ受け取り用)
  • 銀行情報
  • サービスの詳細
  • カード明細書に表示させる請求書情報

上記の情報を登録できたら、「アカウントの設定を完了する」を選択します。

Shopifyペイメントの各種設定を行う

登録ができたら、Shopifyペイメントの各種設定を行います。編集を選択して、次の項目の設定をしてください。

Shopifyペイメントの各種設定
  • 通知
  • CVVの認証に失敗した支払いを拒否する
  • 郵便番号の認証に失敗した支払いを拒否する
  • 3Dセキュア認証
  • お支払い方法
  • 簡単なチェックアウト

「通知」では、支払いが行われた際に通知をメールで受信するかを設定できます。

「CVVの認証に失敗した支払いを拒否する」では、クレジットカード裏面のセキュリティーコードが認証できなかった場合に、支払いを拒否する設定ができます。不正注文を防止する観点から、セキュリティーコードの認証は推奨します。

「郵便番号の認証に失敗した支払いを拒否する」では、ユーザーが入力した郵便番号と、クレジットカード会社に登録している郵便番号が異なる場合に支払いを拒否する設定です。セキュリティーコードと同様に、不正防止の観点から認証をおすすめします。

「3Dセキュア認証」では、VISAまたはMasterCardの利用の際に、ユーザーに本人確認を求める設定です。不正防止を防ぐために認証を推奨します。

「お支払い方法」では、VISA・MasterCard・American Express・JCBの中から利用可能にするカードブランドを設定できます。基本的にはすべて利用可能にしておくことをおすすめします。

「簡単なチェックアウト」では、ユーザーが簡単に決済手続きを行えるように、クレジットカード情報の入力や配送先の入力を自動で行う設定です。

上記の各種設定を行ったら、一度テストモードを有効にして、決済が正常に行われるかを確認してから、実際の販売を開始します。

まとめ

ShopifyでECサイト運営をコスパ良く便利に行うことができる「Shopifyペイメント(Shopify Payments)」の基本的な特徴や、利用するメリット、プラン別の決済手数料を解説しました。結論、ShopifyでECサイトを構築する方は、Shopifyペイメントを必ず導入しておくことをおすすめします。

解説したように、Shopifyペイメントを利用するメリットも大きいですが、それよりも利用しない場合のデメリットが非常に大きいため、今回お伝えしたことを参考にして、お得にShopify運営を行ってみてください。

また、Shopifyで新しくECサイトの制作や既存のECサイトのリニューアルをお考えで、制作代行を探している方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。Shopify Guideはメディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有することができます。ShopifyでECサイトの運営を始めるなら、知識を持ったパートナーと始めることをおすすめします。