ShopifyとBASEの比較

かつては、ECサイト構築をするには、多額の初期費用や運営費用が必要で、高い売り上げが見込める企業でなければ、制作することは簡単にできませんでした。しかし、現在はShopify(ショッピファイ)やBASEなど導入コストが安く、クオリティの高いECサイトを簡単に構築&運営できるECサービスがあるため、資金の少ない企業や売り上げ見込みが立っていない場合でも安心してECサイト運営に挑戦できるようになりました。

今回は、「ECサイトの構築を考えているけど、ShopifyとBASEはどっちが良いんだろう?」という方向けに、ShopifyとBASEの基本的な特徴から、月額費用・各種手数料などを徹底的に比較して、Shopifyがおすすめの人とBASEがおすすめの人を解説します。

Shopify(ショッピファイ)とは

Shopify

Shopify(ショッピファイ)は、簡単にクオリティの高いECサイトを構築できるクラウド型ECプラットフォームで、世界175ヶ国で100万以上のショップで活用されている世界No.1シェアのサービスです。個人から大企業までShopifyでECサイトを構築運用しており、日本では2017年にサービスが正式にリリースされました。

世界中で利用されているため、越境ECサイトの構築に最適です。また、Shopify専用のアプリを導入すれば、集客や販売に必要な機能を自由に追加することができ、運営目的に応じてカスタマイズが行えます。

BASEとは

BASE

BASEは、初期費用と月額費用が無料のECサイト構築サービスで、誰でも簡単に自分のネットショップを作ることができます。BASEを活用して構築されたECサイトは120万を超えており、ファッション・コスメ・食品・エンタメなどあらゆるジャンルの商品が取り扱われています。

通常ECサイトを構築するには、サイトデザインやサーバー知識、ECサイト運営のノウハウが必要になりますが、BASEを活用すればデザインテンプレートを利用して、簡単におしゃれなサイトを作ることができ、サーバー知識や高いノウハウが要りません。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:特徴

料金の比較を行う前に、まずはShopify(ショッピファイ)とBASEの特徴を比較します。

ShopifyとBASEどちらのサービスを利用すれば良いかわからない方は、まず特徴を確認して、この記事では紹介するECサイト運営で大切な各項目を確認していきましょう。

Shopify BASE
初期費用 無料 無料
月額費用
  • ライト:9ドル
  • ベーシック:29ドル
  • スタンダード:79ドル
  • プレミアム:299ドル
  • Shopify Plus:2000ドル
無料
最短契約期間 1ヶ月 なし
独自ドメイン 利用可能 利用可能(サブドメイン限定)
常時SSL化 対応済み 対応済み
商品登録数 無制限 無制限

Shopifyの特徴

まず、Shopifyの特徴は次のとおりです。

Shopifyの特徴
  • アプリを活用してカスタマイズできる
  • 在庫マネジメントや配送対応が行いやすい
  • SEO対策やSNS連携が簡単

ShopifyはAPIが公開されており、世界中のエンジニアによってShopifyで利用できる専用のアプリが豊富に開発されています。アプリはShopifyを利用している方は誰でもインストールして活用でき、ECサイトの集客や販売、管理などさまざまな場面で役立つ機能を追加することが可能です。

また、アプリを追加しなくてもShopifyの基本機能で、在庫マネジメントや配送対応を簡単に行うことができます。売り上げや在庫管理はShopifyの管理画面や、スマホアプリからいつでも確認が行えます。配送対応は国内・海外どちらも利用できる配送サービスが充実しています。

ECサイトを構築した後の集客方法に関しても、SEO対策やSNS連携が簡単に行えるため、集客できずにまったく売り上げが発生しないリスクを小さくできます。

BASEの特徴

次にBASEの特徴は次のとおりです。

BASEの特徴
  • デザインテンプレートが豊富
  • オリジナル商品を簡単に販売できる

BASEはECサイト運営を誰でも簡単に行うことに特化しているサービスなので、初めてECサイトを構築する方でも、デザインテンプレートを利用して魅力的なショップを作ることができます。デザインテンプレートは無料と有料のものがあり、テンプレートの適用後はフォントや配色、ロゴなどをカスタマイズするだけで、自分だけのオリジナルデザインになります。

また、BASEの大きな特徴として、オリジナル商品を販売できる機能があることです。作れる商品としてはTシャツやスマホケースなどで、写真や画像をアップロードすれば、自分のブランドの商品を簡単に作ることができます。

ECサイト運営を始めてみたいけど、どんな商品を販売すれば良いかわからない方は、BASEでオリジナル商品を作って販売してみると良いでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:月額費用

Shopify(ショッピファイ)とBASEの特徴がわかったところで、次に月額費用を比較します。月額費用はECサイトを運営する上で必ず必要になるコストなので、売り上げ見込みを考えて、なるべく抑えることが大切です。

Shopify BASE
月額費用
  • ライト:9ドル
  • ベーシック:29ドル
  • スタンダード:79ドル
  • プレミアム:299ドル
  • Shopify Plus:2000ドル
無料

月額費用を比較すると、BASEは無料で利用でき、Shopifyには全部で5つのプランがあります。

まず、最も安いライトプランは月額9ドルで利用でき、ShopifyにECサイトを構築せずに、既存のWEBサイトにカート機能を追加して販売を始めることができます。次にベーシック・スタンダード・プレミアムの3種類は一般向けの料金プランで、月額費用の他に決済手数料や利用できる機能が異なります。

そして、Shopify Plusは大規模ECサイトを構築したい方向けのプランで、月額2,000ドルと高額ですが、決済手数料が最も安くすべての機能、オプションを利用できます。

Shopifyで利用するプランは、売り上げ見込みを考えて決済手数料をもとに検討してください。手数料は次の項目で比較します。

月額費用だけで考えるとBASEは無料で利用できるためおすすめですが、無料で利用できるのには理由があるので、引き続き確認してください。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:各種手数料

次に、Shopify(ショッピファイ)とBASEの月額費用にプラスして必要になる、各種手数料を比較します。

Shopify BASE
販売手数料 無料(Shopifyペイメント利用時) 3%
決済手数料 3.25%〜 3%+40円
振込手数料 無料(Shopifyペイメント利用時)
  • 2万円以上:250円
  • 2万円未満:750円

ECサイト運営に必要になる各種手数料には、商品が売れるたびに発生する販売手数料や決済手数料、振込手数料があります。

まず、Shopifyの販売手数料は、次の項目で解説するShopifyペイメントを利用すれば無料になります。そして、決済手数料は国内・海外クレジットカードなどによって少し異なりますが、3.25%から利用できます。

次に、BASEの販売手数料は3%かかり、さらに決済手数料は商品が売れる度に3%+40円が発生します。つまり、合計で6%+40円の手数料がかかってしまいます。

BASEは月額費用が無料で利用できる代わりに、商品が売れるたびに発生する手数料負担が大きいため、売り上げが少ないうちは問題ありませんが、売り上げが拡大すると月額費用が無料だとしても非常に大きな負担になります。

各種手数料を考えると、売り上げ見込みが大きい場合は、月額費用無料のBASEよりも、Shopifyの方がコストを抑えることができるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:決済方法

次に、Shopify(ショッピファイ)とBASEで利用できる決済方法を比較します。

導入できる決済方法は、なるべく選択肢が多い方がおすすめです。理由は、ユーザーによって使いたい決済方法が異なり、使いたい方法に対応していない場合は、購入を辞めてしまう可能性があるからです。

Shopify BASE
クレジットカード決済
コンビニ決済
銀行振込
キャリア決済
後払い決済
代金引換 ×
Amazon Pay ×
Google Pay ×
Apple Pay ×
PayPal ×
仮想通貨決済 ×

利用できる決済方法は圧倒的にShopifyが優れており、全部で100種類以上導入できます。

海外で利用されている決済方法も導入でき、越境ECサイトの構築が行いやすいです。ShopifyはPayPalやStripeを利用でき、仮想通貨決済にも対応しているため、ユーザーによって臨機応変に対応できます。

一方、BASEはAmazon PayやGoogle Payなどは導入できず、代金引換も行えません。BASEはとにかく簡単にECサイトを構築して運用することに特化しているので、海外向けに販売を行いたい方にはおすすめできません。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:デザインテンプレート

次に、Shopify(ショッピファイ)とBASEで利用できるデザインテンプレートの比較を行います。

ECサイトの売り上げを決める要素には、商品の魅力や価格、ブランド力など以外にも、サイトデザインが関係します。ユーザーにとって見やすく使いやすいサイトデザインは、購買意欲を低下させずに購入してもらいやすくなります。

そのため、デザインテンプレートの種類やカスタマイズ性の高さは、ECサービスを選ぶ上で非常に大切な項目です。

Shopify BASE
無料デザイン 10種類 14種類
有料デザイン 100種類以上 29種類

Shopifyは有料デザインテンプレートの種類が豊富で、あらゆる業種の商品の販売で活用できるクオリティの高いデザインが使えます。BASEは有料デザインテンプレートの種類はShopifyほど多くはありませんが、無料テンプレートは14種類と多い特徴があります。

そして、ShopifyとBASEどちらもHTML/CSSのカスタマイズを行うことができ、テンプレートを部分的に修正すれば、すぐにオリジナルデザインのECサイトを作ることができます。しかし、BASEではデザイン上にロゴが表示され、非表示にするには月額500円の追加費用が必要になります。

また、Shopifyは専用のアプリを導入して、機能を追加することにより、高度なカスタマイズが行えるので、デザイン面の自由度はShopifyの方が優れているでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:商品登録

次に、Shopify(ショッピファイ)とBASEの商品登録方法を比較します。商品登録可能数や、商品情報の追加方法などはECサイトの管理運営を行う上で大切な項目です。

Shopify BASE
商品登録数 無制限 無制限

ShopifyとBASEどちらも商品登録数は無制限で行えます。この点では違いはありませんが、商品ページのカスタマイズ性の高さや、登録情報の充実さなどが異なります。

Shopifyはアプリを導入して商品ページの情報を非常に自由度高くカスタマイズすることができるため、購入率の高い商品ページを作る上ではShopifyを利用すると良いでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:入金サイクル

続いて、Shopify(ショッピファイ)とBASEの入金サイクルを比較します。売り上げが確定してから口座に入金されるまでの期間は短い方が、仕入れに使える資金が大きくなり、売り上げを拡大しやすくなります。

Shopify BASE
入金サイクル 翌週の金曜日(Shopifyペイメント利用時) 振込申請から10営業日

Shopifyの入金サイクルは売り上げが発生してから、翌週の金曜日に入金されるので、最短で5営業日後、最長で10営業日後になります。

BASEは振込を申請してから10営業日後で、入金サイクルを速くしたい方は振込申請プラスという機能を追加することで、振込申請から最短1営業日で入金されるようになります。ただし、振込申請プラスを利用するには、月額980円の追加料金が必要になるため、売り上げに応じて検討する必要があるでしょう。

振込申請プラスを利用すれば、ShopifyよりBASEの方が入金サイクルでは優れているため、資金を効率良く運用できます。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの比較:おすすめの人

ここまで、Shopify(ショッピファイ)とBASEのさまざまな項目を徹底的に比較しました。では、結論どんな人がShopifyを利用するべきで、どんな人がBASEを利用するべきなのでしょうか?

BASEの利用がおすすめの人

BASEの利用がおすすめの人は、次に当てはまる方です。

BASEの利用がおすすめの人
  • オリジナル商品の販売を行いたい方
  • 売り上げ規模の小さい方

BASEはオリジナル商品の販売が簡単に行える特徴があるため、すでにYouTubeやSNSでフォロワーが多い方は、自分の商品を販売して稼ぐことができます。また、各種手数料はShopifyよりも高くなるので、売り上げ規模が小さく、手数料負担が大きくならない人におすすめです。

初期費用と月額費用が無料で利用できるので、まずは小さく始めたい方はBASEを使ってみてください。

Shopifyの利用がおすすめの人

Shopifyの利用がおすすめの人は、次に当てはまる方です。

Shopifyの利用がおすすめの人
  • 海外向けに販売したい方
  • 様々な集客方法、マーケティング施策を実践したい方
  • 本格的なECサイト運営を行いたい方

Shopifyは多言語・多通貨に対応できるため、越境ECサイトを構築して海外向けに販売したい方におすすめです。また、専用のアプリを活用することで、さまざまな集客方法やマーケティング施策を行いたい方は、Shopifyを利用すると良いでしょう。

SEO対策やSNS連携、リスティング広告やSNS広告などの集客方法も行いやすく、クーポン機能・ポイント機能・メールマーケティングなど、売り上げ増加に繋がるマーケティング施策もアプリで簡単に行えます。

Shopifyは料金プランの選択肢が多く機能のカスタマイズ性が高いため、売り上げ見込みや行いたい販売方法によってプランを選択すれば、コストパフォーマンス高く運営を行うことができるでしょう。

まとめ

簡単にECサイトを構築できるECサービスのShopify(ショッピファイ)とBASEの基本的な特徴や、月額費用、各種手数料などを徹底的に比較して、おすすめの人を解説しました。作りたいECサイトによって、どちらのサービスを利用するべきかは異なるため、この記事を参考にして検討してみてください。

Shopifyで新しくECサイトの制作や既存のECサイトのリニューアルをお考えで、制作代行を探している方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。Shopify Guideはメディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有することができます。ShopifyでECサイトの運営を始めるなら、知識を持ったパートナーと始めることをおすすめします。