ShopifyとBASEの比較

「ECプラットフォームでShopifyとBASEの名前を聞くけど、どちらが良いの?」「ShopifyとBASEの違いはどんなところ?」「ShopifyとBASEの特徴や価格を知りたい!」これからECサイトを開設しようと考えている人は、このようなことを考えている人も多いことでしょう。

そこで今回は、ShopifyとBASEの特徴や価格を比較し、おすすめできる人を紹介します。それぞれ良い点があるので、この記事を読んでどちらが良いかを判断してください。

すでにShopifyやBASEでストア運営している方も、今後乗り換えを検討するかもしれません。そんなときの参考にしてください。

Shopify(ショッピファイ)の特徴

Shopify イメージ画像

Shopify(ショッピファイ)は、全世界175ヶ国、100万店舗以上のストアで利用されているECプラットフォームです。2017年には日本法人が設立され、国内での利用も増えています。まずは、そんなShopifyの特徴について解説しましょう。

Shopifyの特徴
  • カスタマイズ性が高い
  • 越境ECに向いている
  • 決済方法が豊富である

カスタマイズ性が高い

Shopifyは、カスタマイズ性が高いです。理由の一つに、アプリが豊富であることが挙げられます。デザインだけでなくマーケティング、SNS連携、サポート対応、会計処理、配送手配、SEO対策、海外言語対応、送付状印刷など、幅広い分野にアプリが準備されており、自分たちが欲しい機能は見つかるはずです。

アプリには有料と無料のものがありますが、費用をそこまで掛けずにカスタマイズもできるし、プログラミング言語がわからなくても機能追加が可能なので、手間を掛けずにストアを拡張できます。

もちろん、プログラミングのスキルがあれば、さらに細かなカスタマイズも可能です。そのため、初心者からスキルのある上級者まで、あらゆる人に対応できるECプラットフォームと言えるでしょう。

越境ECサイトに向いている

Shopifyはカナダで誕生したサービスで、全世界175ヶ国ですでに使われているため、さまざまな言語や通貨、海外配送に対応しています。そのため、越境ECに向いているECプラットフォームと言えます。すでにShopifyで構築された多くのECサイトが越境ECを行っており、成功事例も多いです。

海外販売の壁は、言語と通貨、そして配送ですが、Shopifyは、50の言語と130ヶ国以上の通貨に対応しています。そして、海外配送に必須の送料設定、関税や税金の計算、送り状やインボイスの作成も簡単にできるアプリも準備されているため、国外への販売をしやすくなっています。

また、Shopifyにはテンプレートと呼ばれるデザインテンプレートも準備されており、海外受けの良いデザインも用意されているため、自分で設計する必要もなく、すぐに海外へ販売可能です。

決済方法が豊富

Shopifyは決済方法が豊富で、世界最大規模のオンライン決済サービスであるPayPalがサイト開設時から利用でき、世界各国の100種類以上の決済方法にも対応しています。そのため、決済手段がない理由で購入を敬遠される可能性を払拭できます。

顧客が望む決済手段があれば、購入のしやすさに直結するアドバンテージになるため、豊富な決済手段を持っているShopifyは、世界中の人へ自分たちの商材をアピールできるECプラットフォームと言えるでしょう。

BASEの特徴

BASE イメージ画像

続いては、BASEの特徴について解説しましょう。BASEは、日本の企業 BASE株式会社が運営するECプラットフォームで、「3つの項目を埋めるだけですぐにショップを開設できるネットショップ作成サービス」というように、誰でも簡単にネットショップを作成できます。BASEの特徴は、大きく分けて2つです。

BASEの特徴
  • サポートが充実している
  • 初期費用が安い

サポートが充実している

BASEは日本の企業が運営しているサービスのため、日本語でのサポートも受けられます。FAQページには細かくストア運営のやり方や機能紹介なども準備されており、そこを見れば不明点を解決できるでしょう。

チャットによるサポートも行っており、わからないことがあれば日本語ですぐに尋ねられることも大きな特徴です。そのほかにも、メールによる問い合わせも行っていますが、返信には3営業日〜5営業日掛かってしまうため、緊急の場合はチャットを利用すると良いでしょう。なお、電話による問い合わせは行っていません。

初期費用が安い

BASEは、初期費用が安いです。ストア開設の費用は、まったく掛かりません。初期費用だけでなく月額費用も掛からないため、ストアを開いて商品を登録する段階まで無料です。そのため、とにかくECストアを開設してみたい人には費用を掛けずにチャレンジできるので、お試しとしてやってみることもできます。

ストアを開設したのに商品が売れなければ、費用ばかりが掛かってしまうかもしれないと考え、ECストアを運営したくても踏み出せない人もいるでしょう。しかし、BASEならばその心配はありません。

なお、初期費用は掛かりませんが、実際に商品が売れると1件の注文ごとに決済手数料と入金手数料が掛かることは認識しておきましょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEを比較

それでは、Shopify(ショッピファイ)とBASEを比較してみましょう。まずは、ShopifyとBASEを初期費用、利用料金、決済手数料、振込手数料の項目で比較しました。

Shopify BASE
初期費用 無料 無料
利用料金 月額29ドル〜299ドル 無料
決済手数料

3.4%(ベーシックプラン )

※Shopifyペイメント利用

3.6%+40円

※BASE簡単決済利用

振込手数料 無料

※Shopifyペイメント利用

振込額が2万円以上の場合:500円

2万円未満の場合:750円

 

このようにみると、Shopifyは決済手数料、入金手数料は安く、BASEは初期費用が無料であることが大きな違いです。月額費用が無料なので、ストア開設のハードルはBASEの方が低いですが、取引量が多くなればなるほど、決済手数料と振込手数料が掛かってしまいます。

一方で、Shopifyの月額費用は、取引量に関係なく一定です。そのため、ある程度の売り上げを見込めるならば、最終的にはShopifyの方がお得と言えるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)とBASEの料金を比較

Shopify(ショッピファイ)とBASEの料金をさらに細かく比較してみましょう。

Shopify

Shopifyの月額費用は、プランによって異なります。価格に関するプランごとの主な違いを表で確認しましょう。

ベーシック スタンダード プレミアム
月額費用 29ドル 79ドル 299ドル
スタッフアカウント数 2 5 15
日本のオンラインクレジットカード手数料 3.4% + 0円 3.3% + 0円 3.25% + 0円
海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料 3.9% + 0円 3.85% + 0円 3.8% + 0円

ベーシックプランでも、Shopifyの主要な機能はすべて使えます。小規模に始めるのであれば、ベーシックプランでも問題ないでしょう。

注意点としては、プランごとで月額費用だけでなく、手数料も異なる点です。取引が多くなれば手数料も多くなるため、そのときにプラン変更などを考えてみても良いかもしれません。

その他に費用がかかるものには、有料アプリやテーマの購入があります。ただし、必要なければ購入せずにストア運営はできるため、運営に掛かるのは月額費用と決済手数料のみと考えておけば良いでしょう。

BASE

BASEは、ストア開設にあたって月額費用や初期費用は掛かりません。しかし、購入が成立した際のBASE簡単決済手数料やサービス利用料、振込申請を行う際の振込手数料・事務手数料が必要です。

簡単決済手数料は、1回の注文の総合計(送料含む)に対して3.6%+40円。そして、サービス利用料は、1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3%です。つまり、振込申請を行える金額は以下の計算式が成り立ちます。

  • 振込申請金額 = 注文合計金額 - 決済手数料(3.6%+40円)- サービス利用料(3%)

そして、BASEの場合さらに振込申請時の手数料と事務手数料も掛かります。振込手数料は一律250円ですが、事務手数料は、振込申請額が2万円未満の場合は500円で、2万円以上の場合は0円です。つまり、振り込まれる金額は、以下の計算式が成り立ちます。

  • 振込金額 = 振込申請金額 - 振込手数料(250円)- 事務手数料(500円または0円)

ストア開設を無料でできる点はBASEの大きなメリットですが、ある程度販売量が増えてくると手数料も同じく増えます。小規模であれば問題ないでしょうが、大規模のECストアとなるとコストがかかる可能性も高いため、他社ECプラットフォームへの乗り換えなども検討すると良いかもしれません。

Shopifyの利用が向いている人

それでは、Shopifyの利用はどんな人に向いているかを解説しましょう。次のような人にShopifyはおすすめです。

Shopifyがおすすめの人
  • サイトのカスタマイズをしたい人
  • 海外販売を考えている人

サイトをカスタマイズをしたい人

Shopifyはカスタマイズ性が高いため、自分でストアを好きにデザインしたい人に向いています。見た目のデザインだけでなく、機能拡張するアプリも豊富に準備されているため、決済や会計、在庫、受注、配送、在庫管理、マーケティング面も自分が欲しい機能の拡張が簡単にできます。

Shopifyのカスタマイズは、プログラミングのスキルがなくてできるため、初心者も安心して利用できるでしょう。スキル習得の時間を掛けなくてもカスタマイズできるので、ストア開設の段階から拡張したい機能があれば、初心者も問題なく扱えます。

アプリは有料のものもありますが、自分で時間を掛けてストア構築をするのであれば、短時間でやりたいことをできるため、安価と考えられます。ストアのカスタマイズができれば、売り上げにもつながるからです。

また、Shopify独自の言語(Liquid)もあるので、プログラミングのスキルがあれば、さらに細かなカスタマイズも可能です。そのため、スキルのある上級者にも、満足できるカスタマイズを実現可能なECプラットフォームと言えるでしょう。

海外販売を見据えている人

Shopifyは越境ECサイトを制作しやすいため、海外販売を見据えている人にもおすすめです。海外販売のハードルとなる、言語、通貨と決済、そして配送業務に対する問題を解決するアプリがShopifyには準備されています。

まず言語ですが、Shopifyは50の言語に対応しており、アプリを使えば別の言語に自動翻訳も可能です。また、設定画面で翻訳入力もできるため、言語のカスタマイズも難しくありません。

海外顧客にとって、母国語で書かれている商品とそうでないものであれば、母国語のものを選ぶケースが多いです。そのため、海外販売を見据えているならば、それぞれの言語で表示するべきでしょう。

また、Shopifyは130ヶ国以上の通貨にも対応しています。海外顧客の中には、海外通貨の支払いに抵抗がある人もいますし、自国通貨の方が費用感もわかりやすいです。自動でレート変換できる機能もShopifyにはあるため、海外顧客も商品価格を理解しやすく、購入もしやすくできます。

そして、ShopifyにはECサイトに重要な決済手段が、100種類以上準備されており、海外ストアにクレジットカード番号を入力することに抵抗のある顧客も、安心して利用できます。普段使っている決済手段がないと購入を控えてしまう可能性を防止できます。

最後に、配送業務ですが、Shopifyにはインボイスや送り状作成、関税の計算なども簡単にできるアプリが準備されています。知識がないと難しい越境ECをさらにやりやすく、始めやすい環境を初心者でも作れますね。

このようにShopifyは、海外販売をやりやすいECプラットフォームです。海外販売を見据えているなら、導入をぜひ検討してみてください。

BASEの利用が向いている人

では最後に、BASEの利用はどんな人に向いているかを解説しましょう。以下のような人にBASEはオススメです。

BASEがおすすめの人
  • 十分なサポートを受けたい人
  • 初期費用を抑えたい人

    十分なサポートを受けたい人

    BASEは、サポートが充実しています。日本企業が運営しているため、きめ細かな部分までサポートページもあり、初心者も安心してストア運営をできるでしょう。

    Shopifyは日本法人もありますが、カナダ発祥ということもあり、まだまだサポート面においては日本語化が完全とは言えません。しかしBASEならばそんなことはなく、日本語でしっかり説明されているので、理解できないこともないでしょう。

    国内での利用も多く、事例もたくさんあります。そのため、わからないことがあったとしても、インターネットを検索すれば解決できることも多いです。

    また、チャットやメールによるサポートも日本語でできるため、すぐに聞けるため問題ありません。「ストア運営そのものに不安ある」「途中でわからないことがあったらどうしたら良いかわからない」そんな人も安心して利用できるのがBASEです。

    ECストアを運営したいけれど、継続が難しいと考えている人は、ぜひBASEの利用を検討すると良いでしょう。

    初期費用を抑えたい人

    BASEは初期費用と月額費用が掛からないため、「とにかくECストアを始めたい」「運営しても商品が売れなかったら損してしまう」という人も安心して利用できます。なぜなら、ストアを開設し商品を登録するだけであれば、無料で利用できるからです。

    また、BASEならばすぐにECストアを開設できて、PC操作に慣れていない人も知識なくオンラインの商売を開業できます。販売するための機能は十分に備わっていますし、「商品をオンラインで売りたい」だけであれば大きな問題もありません。

    とくに、国内の販売に特化したECストアを開設したいならBASEで十分でしょう。初期費用を抑えてリスクを負うことなく、ECストアを開設できるため、とにかく始めたいという方はBASEの利用を考えても良いかもしれません。

    まとめ

    ShopifyとBASEの特徴や価格を比較しました。

    Shopifyは、サイトをカスタマイズをしたい人や海外販売を視野に入れている方におすすめです。日本国内のマーケットも限りがありますし、海外の方が大きな可能性もありますが、言語や知識がないので越境ECのチャレンジに二の足を踏んでしまう人がいるかもしれません。

    しかし、Shopifyならばその心配はありません。言語や通貨、発送に関するアプリが準備されているため、初心者も安心して越境ECに取り組めます。

    一方で、BASEはとにかく初期費用を抑えてECストアを開設したい人におすすめです。「商品をオンラインで販売してみたいけれど、本当に売れるかわからない」という不安を抱える人は多いでしょう。そんな問題を一掃するのがBASEです。

    初期費用や月額費用が必要ないため、売り上げがなくても損しません。そのため、「ECストアを開設したい」「オンライン販売をやってみたい」という方は、リスクを抑えて実施できます。

    どちらもメリットがあるサービスなので、これからECストアを開設したい方は、自分自身がどんなことをしたいのか、何を回避したいかを考えてプラットフォームを選んでください。

    Shopify Guide編集部は、メディア「Shopify Guide」の運営によってShopifyの最新情報やノウハウを常に蓄積してきています。ShopifyでECサイトの新規制作・リニューアル、Web広告などによるプロモーションをお考えの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。