Shopifyの独自ドメイン

「独自ドメインを使ってShopifyストアを開設したい」「独自ドメインに移管するメリットはある?」そういった疑問をお持ちでしょうか?

Shopifyストアでは、あらかじめ開設時にmyshopify.comというサブドメインが用意されています。しかし、ストアのブランド力向上や運営の効率化を図るうえで、独自ドメインへの移管は重要な要素となります。

そこで今回は、Shopifyストアに独自ドメインを移管する方法について解説します。独自ドメインを使用する際のメリットや注意点についても紹介しているため、現在移管を検討中の方はぜひご参照ください。

Shopify(ショッピファイ)に独自ドメインを移管するメリット

Shopify(ショッピファイ)ストアに独自ドメインを移管するメリットは、主に次の3点です。それぞれについて解説しましょう。

Shopifyに独自ドメインを移管するメリット
  • ユーザーにストアを覚えてもらいやすい
  • SEO効果や認知度の向上が期待できる
  • サブドメインで関連サイトを作りやすい

ユーザーにストアを覚えてもらいやすい

独自ドメインに移管することで、よりストアやブランド名をユーザーに覚えてもらいやすくなります。「〇〇.myshopify.com」というサブドメインをそのまま使用する場合、どうしても「myshopify」の部分が入ることで、ユーザーからはブランド名やストアを認識しづらくなってしまいます。

独自ドメインであれば、「〇〇.com」など、シンプルで分かりやすい表記に設定することが可能です。ブランド名がダイレクトにユーザーの目に留まるため、記憶に残りやすくなります。

SEO効果や信頼度の向上が期待できる

独自ドメインでストアを運営すれば、その過程でドメイン自体に検索エンジンからの評価が蓄積されていきます。

同じドメインで長期的に運営していると、大きなペナルティやトラブルを受けていない安全なサイトとして高い評価を獲得できます。初期のサブドメインの場合、大元であるShopifyがペナルティを受けたり、サービス提供を中止したりした時点で、ストアの評価も同じように低下してしまうリスクがあります。

また、一般的な事業規模であれば、基本的に独自ドメインを使用している場合も少なくありません。独自ドメインによるストア運営は、運営状況やストア構築スキルが安定しているという信頼感にもつながります。

サブドメインで関連サイトを作りやすい

独自ドメインでは、サブドメインを活用して関連サイトを複数展開することが可能です。

ストアが成長した際に、規模を拡大するためにサイトをわかりやすく分割する必要が出てきます。サブドメインを使用することで、商品別やブランド別などで分割した関連サイトを展開できます。

本体である独自ドメインの「〇〇.com」と同様のURLが設定できるため、ユーザーからしても情報がわかりやすくなります。

外部サービスで取得したドメインを移管する方法

以下では、既に外部サービスで取得済みの独自ドメインをShopify(ショッピファイ)に移管する方法について解説します。

はじめに、取得した独自ドメインをShpoifyに接続します。Shopify管理画面の「設定」をクリックします。

Shopifyで外部サービスから独自ドメインを移管する方法

設定画面の左側にあるメニューから「ドメイン」をクリックします。「ドメイン」ページが表示されるため、「アクション」を選択してドロップダウンを開き、「既存のドメインを接続する」をクリックしましょう。

既存のドメインを継続する

「接続したいドメインを入力してください」というテキストの上部に、接続したい独自ドメインを入力して「次へ」を選択します。このとき、ドメインに「www」の入力は不要です。

既存のドメインを接続する

「接続を確認する」をクリックすると、検証エラーの画面が表示されます。

もう一度確認する

エラー画面では、独自ドメインを取得した外部サービスにて、「Aレコード」と「CNAMEレコード」という2点を設定するように指示が出ます。外部サービスの管理画面に移行し、こちらで表示された正しい値を下記の通り設定しましょう。

DNSレコードに設定する値
  • DNSコードのAレコード:ShopifyのIPアドレス「23.227.38.65」に変更する
  • wwwのCNAMEレコード:「shops.myshopify.com」に設定する

DNSレコードの設定方法は、それぞれの外部サービスによって異なるため、自身の使用しているサービスのホームページから確認を行いましょう。

外部サービス上にてDNSレコードの設定を終えたら、再度Shopifyの管理画面の「既存のドメインを接続する」ページに移行し、「もう一度確認する」をクリックします。正常に接続されたことを確認できれば、これで外部サービスからの独自ドメイン移管は完了です。

Shopify(ショッピファイ)からドメインを取得して移管する方法

独自ドメインを取得していない場合、Shopifyから新たに独自ドメインを購入し、移管まで行うことが可能です。Shopify管理画面の「設定」を選択。画面左側にあるメニューから「ドメイン」を選択し、表示された画面の「新しいドメインを購入する」というボタンをクリックします。

新しいドメインを購入する

新規ドメイン購入ページでは、「購入したいドメインを入力してください」の空白に希望するドメイン名を入力します。すると、現在取得可能なドメイン名が一覧で表示されるため、その中から希望するものを選択し。「購入する」ボタンをクリックしましょう。

購入したいドメインを入力してください

選択した独自ドメインの決済画面に移行するので、「決済方法を追加する」をクリックします。

決済方法を追加する

クレジットカード情報や請求先住所などの情報を入力し、規約確認ページに進んで購入手続きを完了しましょう。最後に「ドメインを買う」をクリックすれば、Shopifyでのドメイン購入が無事に完了します。購入した独自ドメインは、最大48時間ほどで自動的に反映されます。

決済方法を追加

Shopify(ショッピファイ)で独自ドメインを移管する際の注意点

Shopify(ショッピファイ)で独自ドメインを移管する際には、次のような注意点を意識する必要があります。ここでは、各注意点について詳しく解説していきましょう。

Shopifyで独自ドメインを移管する際の注意点
  • SSL証明書が発行されるまでエラーが出る
  • 外部ドメインを移管した場合はメール設定が必要
  • 別カートからの移管にはリダイレクト設定が必要

SSL証明書が発行されるまでエラーが出る

ShopifyではデフォルトでSSLが提供されます。

SSLとは、個人情報などの盗用やフィッシング詐欺防止のために、サイト内の重要データを暗号化するための仕組みです。今やほとんどのサイトでSSLが導入されており、ユーザーに対して安全性を保証しています。

独自ドメインに移管する場合は、基本的に48時間以内にSSL証明書が発行されます。正常にSSLが反映されるまでは、ストアにアクセスしてもセキュリティエラーの表示が出てしまうため注意しましょう。

SSL対応については、Shopify管理画面の「オンラインストア」から「ドメイン」のページに移行すると導入状況が確認できます。48時間が経過してもSSL証明書が発行されない場合はドメイン移管時に不備があった可能性が高いため、再度設定を確認することをおすすめします。

外部ドメインを移管した場合はメール設定が必要

Shopifyでは、メールホスティングサービスを提供していません。

そのため、外部サービスで取得した独自ドメインをメールアドレスに設定する場合には、取得ドメインの外部サービス管理画面に移行し設定する必要があります。メールアドレス設定の方法はそれぞれの外部サービスごとに異なるため、公式ホームページの説明を参考にしつつ作業を進めていきましょう。

ただし、外部のメールホスティングサービスをそのまま使用すると、ドメインURLとメールアドレスの関連性がなくなってしまう点には注意しましょう。

基本的にドメインYRLとメールアドレスは関連性を帯びています。たとえば、「abcd.com」というドメインのメールアドレスであれば、「info@abcd.com」といったように同様のテキストが入っています。もし外部のメールホスティングサービスを利用すると、メールアドレスの@以下にはそのサービス名が入るため、ユーザーにとってはストアとは無関係なテキストを見て不信感を覚える可能性も少なくありません。

メールアドレスの@以下に独自ドメインを設定するためには、Shopifyのメール転送サービスの設定する必要があります。Shopifyのメール転送サービスであれば、「info@」や「support@」など、目的に応じて複数のメールアドレスの設定が可能です。

また、メール転送サービスの設定では、ユーザーにメールを送信する際のメールアドレスまで独自ドメインに変更することはできません。ストアからユーザーへのメール送信は、外部のメールホスティングサービスを使用するため、送信元アドレスも独自ドメインにしたい場合は、「Zoho Mail」または「G Suite」といったメールホスティングサービスを利用しましょう。

別カートからの移管にはリダイレクト設定が必要

別カードで運営していたストアデータをShopifyに移管する場合は、既存ページから新規ページに向けてリダイレクトを行う必要があります。リダイレクトとは、Webサイトまたはページを新規URLに変更する際、古いURLにアクセスユーザーを自動的に新規URLへ転送する設定のことです。

リダイレクトを設定しなければ、古いURLにアクセスしたユーザーには「ページが見つかりません」などのエラーが表示されたまま、新規サイトへ辿り着けなくなってしまいます。リダイレクトを設定しておけば、既存ユーザーが離れていったり、新規顧客を失ったりする危険性を回避できます。

リダイレクトはShopify管理画面の「オンラインストア」から「メニュー」に移行し「URLリダイレクト」ページから行えるため、Shopify公式ページの手順を参考に設定しておきましょう。

まとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)に独自ドメインを移管する方法やメリット、注意点を解説しました。

Shopifyにはデフォルトでサブドメインが付与されているため、必ずしも独自ドメインを移管する必要がありません。しかし、独自ドメインを移管することで、よりユーザーにブランド名やストアを認知してもらいやすくなり、信頼度が高まります。

また、独自ドメインによる長期的なストア運用で評価が蓄積されていくため、SEO対策としても有効です。独自ドメインの移管自体は簡単ですが、メール転送設定やリダイレクトなどの作業が必要な場合、少し手間がかかる点も念頭に置いておきましょう。

今回お伝えした内容を参照していただき、独自ドメインを設定して安全かつ信頼度の高いストアを目指しましょう。

Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。

Shopifyを使ったECサイトの制作をお考えだったり、Shopifyでの集客やマーケティングなどお困りだったりする方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。