Shopifyでの顧客管理

「Shopifyで顧客管理を行う方法は?」「顧客管理って行うメリットあるの?」そういった疑問をお持ちでしょうか?ECサイトでは顧客情報を管理して、顧客別に異なるマーケティングを行うことが売り上げを増やす大切な要素です。

Shopify(ショッピファイ)では、管理画面から簡単に顧客管理を行うことができ、タグ付けをして顧客グループの作成が可能です。

そこで今回は、Shopifyで顧客管理を行う方法を具体的に解説し、メリットやおすすめアプリを紹介します。Shopifyでショップ運営を行っており売上を安定させたい方やリピート客を増やしたい方、顧客管理を自動化させたい方に必要な情報を解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

Shopify(ショッピファイ)での顧客管理方法

Shopify(ショッピファイ)での基本的な顧客管理方法は次のとおりです。Shopifyではコストをかけずに顧客グループの作成やタグの設定を行えます。

Shopify顧客管理方法
  • 顧客情報の編集
  • 顧客情報の一括編集
  • 顧客グループの作成
  • タグの活用方法

顧客情報の編集

通常、顧客情報は顧客自身で情報を入力しますが、ショップ運営者が情報を追加することも可能です。

顧客情報の編集

Shopifyにログインしたら、画面左側のメニューから「顧客管理」をクリックして、次の情報を保存できます。

追加できる顧客情報
  • お客様の概要
  • 住所
  • 非課税
  • メモ
  • タグ

すでに登録している顧客情報の編集は、顧客リストから編集をクリックしてください。顧客情報を見ることで、過去に購入した注文履歴や名前、メールアドレス、電話番号などの情報、会員登録の有無などを知ることができます。

顧客情報の一括編集

次に、複数の顧客情報を一括で編集したい場合は、編集したい顧客の横にチェックを入れてから「顧客情報を編集する」をクリックします。一括編集ではフィールドを自由に追加でき、まとめて情報を編集できます。

顧客グループの作成

顧客グループを作成するには、「検索」または「詳細な絞り込み」から特定の顧客を絞り込んで「絞り込みを保存する」をクリックします。グループのタイトル名は管理しやすい形でわかりやすく入力してください。

一度グループを作成しておけば、顧客管理画面の上部に保存したグループ名で表示されるので、その後顧客情報を追加または更新したい場合でも簡単に行えます。顧客グループを作成することで、特定の顧客向けにマーケティングを行えるようになり、売り上げアップにつなげられます。

顧客グループは複数作成できるので、新規顧客やリピーター、カゴ落ちなど細かく分類してみてください。

タグの活用方法

顧客グループとは別に、Shopifyでは顧客にタグを付けることができます。タグを設定するには、顧客リストからタグ付けしたい顧客情報の編集をクリックして、詳細画面右下にあるタグ欄に入力します。

タグは自社で管理しやすい形で設定でき、既に他の顧客にタグを設定している場合は、タグ一覧から選択することで簡単に追加できます。複数の顧客に一括でタグを設定する方法は、顧客情報の一括編集と同様に、顧客リストの横にあるチェックボックスにチェックを入れて「その他の操作」から「タグを追加する」をクリックします。

タグの追加画面が表示されるので、チェックを入れた顧客に追加したいタグを入力して「保存する」をクリックしてください。

Shopify(ショッピファイ)で顧客管理を行うメリット

Shopify(ショッピファイ)で顧客管理を行うメリットは次のとおりです。

Shopifyで顧客管理を行うメリット
  • 売上安定化につながる
  • リピート客を増加しやすい
  • 効果的なマーケティングが行える

ECサイトが顧客管理を行うメリットは非常に大きく、Shopifyでは解説したとおり管理画面から簡単に行うことができ、より詳細な管理をしたい場合は専用のアプリで可能になります。顧客管理を行って既存顧客を理解することで、新規顧客獲得だけに注力する必要が下がり、リピート客の増加や売り上げ安定化を目指せます。

売り上げ安定化につながる

顧客管理を行うことは、顧客の特徴やニーズを知るきっかけになり、ショップ運営方針を正しい方向で進めることに繋がります。顧客数に目を向けることで、売り上げ予測や成長性を知ることができるので、売り上げの安定化につながる施策を行えます。

Shopifyでは顧客管理を管理画面から簡単に行えますし、タグを活用して顧客のセグメント分けも行えます。

また、エクセルなどを使用すれば、営業目標や実績を入力してグラフ管理することも可能です。売り上げを安定化させるには、顧客の購買履歴や趣向・ニーズなどをよく理解して、最適なマーケティングを行いましょう。

リピート客を増加しやすい

顧客管理を行って、顧客をセグメント化することで効果的な施策を行えるようになり、リピート客を増やすことができます。

ECサイトの売り上げを増やすためには、新規顧客を獲得するよりも、既存顧客に再度購入してもらう方がハードルが低めです。また、コスト面でもリピート客を増加させる方が優れているため、すでにある程度の売り上げがあるショップでは、既存顧客向けの施策を行うことが大切です。

競合商品が大量にある場合は、顧客が競合他社に乗り換えてしまうかもしれません。たとえ既存顧客を獲得できていても、継続的なリピート客にならなければ安心していられないので、顧客管理を行って「お客様皆様へ」といった施策ではなく「あのお客様へ」という施策を行ってください。

顧客が購入した商品や購入頻度、購入金額、個人情報などを元にセグメント化して、それぞれに最適な施策を実行しましょう。

効果的なマーケティングが行える

さまざまなマーケティング手法を実行できるShopifyでは、すべての顧客に対して同じ施策を行うことはおすすめできません。顧客によっては凡庸な内容のマーケティングを行っても、返って不快感を感じてしまう可能性もあります。

しかし、顧客管理を行えば、それぞれの顧客に対して効果的なマーケティングを行えるので、コストを無駄にすることなく、売り上げ増加や経費削減につながります。同時に顧客が求めているアプローチを行えることで、顧客満足度が高まり、ショップの継続的なファンになってくれる可能性もあります。

また、潜在顧客やしばらく購入がない顧客に対しても対策を行えるようになるので、一度離れてしまった顧客を呼び戻すことも可能です。一度離れてしまった顧客は、ショップに何らかの不満を持っているわけではなく、単純に忘れている可能性が高いです。好んで購入している商品のクーポンをメールで配布すれば、再度購入してもらえるでしょう。

顧客管理で管理すべき項目は次のとおりです。

顧客管理で管理すべき項目
  • 顧客の属性
  • 購買履歴
  • 収益性

基本的には、属性、購買履歴、収益性の3種類です。必要以上に顧客情報を集め過ぎても利用できない可能性もあるので、ショップ規模やどんな目的で情報を利用したいかを考えて管理することが大切です。

Shopify(ショッピファイ)おすすめ顧客管理アプリ

最後に、Shopify(ショッピファイ)でおすすめの顧客管理アプリを紹介します。

Shopifyおすすめ顧客管理アプリ
  • Easy Tagging
  • HubSpot CRM

専用のアプリを活用することで、顧客管理を自動化できたり、特定の顧客に対してマーケティングを行えるようになります。ショップの継続的な顧客を獲得するためにも、顧客管理に力を入れていきましょう。

    Easy Tagging

    Easy Tagging

    画像引用:Easy Tagging

    Easy Taggingは、注文情報や商品情報、顧客情報にタグを付けて顧客管理を自動化できるアプリです。タグを付けることによって顧客をセグメント化でき、特定の顧客にだけキャンペーンを行うことが可能になります。

    また、タグを付ける作業もルールを設定しておくことで自動化できるので、顧客管理の手間を大幅に削減できます。

    料金プランは月額4.99ドルの基本プランから月額49.99ドルのプロプランまで4種類あり、1ヶ月あたりの設定できるタグ数や利用できる機能が異なります。どのプランを利用した場合でも、15日間の無料体験から使い始めることができ、売り上げアップにも貢献するので、ぜひ活用してみてください。

    HubSpot CRM

    HubSpot CRM

    画像引用:HubSpot CRM

    HubSpot CRMは、セールスやマーケティング、顧客管理などを自動化できるクラウドサービスです。Shopify専用のアプリではありませんが、Shopifyと連携する機能を提供しています。

    HubSpot CRMの機能は次のとおりです。

    HubSpot CRMの機能
    • ユーザーのセグメント化
    • 自動化ワークフローの作成
    • リスト機能による顧客分析
    • メールマーケティングの自動化

    ストアの顧客や見込み客をセグメント化して、顧客管理を自動化できます。無料から使い始めることができ、利用しているショップも多いので、使用方法の情報も得やすくおすすめです。

    まとめ

    今回は、Shopify(ショッピファイ)で顧客管理を行う具体的な方法とメリット、顧客管理におすすめのアプリを解説しました。

    Shopifyで効果的なマーケティングを行って、売り上げ安定化やリピーターを増やすには、顧客管理を行うことが大切です。顧客管理を行うことで、顧客の購入履歴や属性、収益性などによってセグメント化でき、無駄なコストを支払うことなく効果的なマーケティングを行えるようになります。

    今回紹介したような顧客管理アプリを活用すれば、より詳細なセグメント化が可能になり、タグ付けを自動化できます。

    どんな顧客グループを作成すれば良いかわからない方や、顧客別のマーケティング施策がわからない方は、Shopify Guideにご相談ください。Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。

    Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。