Shopifyの入金サイクル

「Shopifyの入金サイクルはどのくらい?」「どの決済手段が、一番入金サイクルが早い?」そういった疑問をお持ちでしょうか?

入金サイクルとは、売り上げが入金されるまでにかかる期間のことで、オンラインショップ運営者にとって非常に重要な要素です。入金サイクルが遅ければ、売り上げを次の投資や仕入れに回すことができず、資金効率が悪くなってしまいます。

そこで今回は、Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルを利用できる決済手段別に紹介し、入金サイクルの注意点を解説していきます。Shopify以外のECサービスとの入金サイクル比較もしているので、この記事を参考に利用するECサービスを検討してみてください。

入金サイクルとは?

入金サイクルとは、売り上げが入金されるまで期間のことで、ECサイトの売り上げを拡大していくために非常に重要になります。入金サイクルが遅いと、売上を次の仕入れや投資などに使うことができず、資金効率が悪くなります。

商品の仕入れや製造での支払い、人件費などは入金サイクルと関係なく支払う必要があるので、売り上げをスムーズに回収できないと最悪支払い不能に陥ってしまうかもしれません。

そこで、ECサイトの入金サイクルはなるべく短い方が、キャッシュフロー上メリットがあります。

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクル

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルを次の主要決済手段別に紹介していきます。

Shopify主要決済手段の入金サイクル
  • Shopifyペイメント
  • Paypal
  • Amazon Pay
  • VISA
  • KOMOJU

Shopifyペイメント

Shopifyペイメントは、Shopifyが提供している決済手段で、販売手数料が無料になるメリットがあり、多くの人が利用しているはずです。対応ブランドもVisa、MasterCard、American Express、JCBと大半のユーザーをカバーすることができ、簡単に導入できるので非常におすすめです。

Shopifyペイメントを利用した場合の入金サイクルは最短5日後〜最長11日後となっています。ビジネスの拠点が日本にある場合は、月曜日から金曜日までいつでも支払いを受けることができ、受け取りは毎週あるいは毎月を選択できます。Shopify以外のECサービスとの比較は記事後半で解説しますが、最短5日の入金サイクルは非常に早いです。

PayPal

PayPal

世界3億6千万人以上のユーザーが利用しているPayPalは、初期費用や月額費用無料で導入できます。銀行振込での支払いに対応しているので、クレジットカードを持っていないユーザーに販売できるメリットがあります。

Paypalの入金サイクルは即時で、銀行口座への引き出しは最短3日後となります。Paypalアカウントに入金された売上を銀行口座へ引き出すには、ビジネスアカウントに変更することと、本人確認手続きが必要になります。

Amazon Pay

Amazon Pay

Amazon Payは、Amazonアカウントの個人情報やカード情報を利用して決済できる方法で、ユーザー数が非常に多いことや簡単に決済できることから人気があります。

Amazon Payの入金サイクルは、初期設定で14日となっており、セラーサポートに連絡することで、最短1日で入金してもらうことも可能です。入金される金額は、Amazon Pay手数料を差し引いた金額で、振込手数料はAmazonが負担してくれます。

VISA

VISAは日本全国で20万人以上が利用している、国際ブランドのクレジットカードです。ShopifyペイメントとしてVisaに対応していますが、ペイメント経由ではなく、直接VISAカードを利用する場合は、カード発行会社と契約が必要です。

VISAの入金サイクルは、契約する銀行口座によって異なりますが、三井住友と契約する場合は1ヶ月ごとになります。毎月15日締めの翌月15日振り込みになり、2回払いの場合は15日締めの翌月末振り込みです。

入金サイクルを早めたい場合は「加盟店売上早期振込」制度に申し込みます。この制度では、締日が5日・10日・15日・20日・25日・末日のいずれかになり、締日から5営業日後に振り込まれます。その代わり、振込手数料は1回あたり440円必要です。

KOMOJU

KOMOJU

KOMOJUはJCBカードやコンビニ決済、銀行振込に対応できる決済手段です。KOMOJUの入金サイクルは、月末締めの翌月末払いです。

月末が土日祝日の場合は、直前の平日入金になります。売り上げから決済手数料が引かれた金額が指定口座に振り込まれます。

Shopify(ショッピファイ)入金サイクルの注意点

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルで注意する点は次の通りです。

Shopifyの入金サイクルの注意点
  • 決済手数料の違い
  • 入金サイクルが遅いと資金効率が悪くなる

決済手数料の違い

入金サイクルだけでなく、決済手数料の違いにも注意しましょう。入金サイクルが遅いと、売り上げを回収し次の投資を行いにくくなりますが、決済手数料が高いと売り上げそのものを圧迫してしまいます。

決済手数料は売上金額に関係なく発生するものなので、少しでもお得な手段を利用することをおすすめします。

たとえば、Paypalは即時で入金してもらえますが、決済手数料が3.6%+40円かかってしまい、Shopifyペイメントで国内発行カードの場合よりも高くなってしまいます。また、5万円未満は250円の振込手数料も発生するので、入金サイクル面でメリットがあっても、コスト面ではデメリットがあります。

入金サイクルが遅いと資金効率が悪くなる

オンライン事業だけでなく、あらゆる事業運営において「キャッシュ・イズ・キング」、現金が一番大切と言われています。システム上の売り上げだけではなく、手元にあり自由に使えるフリーキャッシュが確保されていなければ効率の良い運営はできません。

手元に元々豊富なキャッシュがある企業は、たとえ赤字であったとしても事業を潰すことなくショップを運営し続けることができます。しかし、キャッシュが豊富になく、徐々にでも拡大していこうと考えている企業は、早い入金サイクルで売上を手元の現金に変えなくてはなりません。

特にショップ開設初期で売り上げが安定していない時期は、キャッシュフローを重視して、入金サイクルの早いECサービスの利用をおすすめします。

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルと他社比較

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルと他のECサービス比較は次のとおりです。

入金サイクル 振込手数料
Shopify 最短5日後

最長11日後

無料
BASE 振込申請から10営業日後 250円(入金金額が2万円未満の場合は750円)
STORES 月末締め

翌月末払い

275円(入金金額が1万円未満の場合は550円)

Shopifyペイメントを利用した場合は、最短5日後に入金され振込手数料が無料でお得です。

BASEの入金サイクルも申請から10営業日後なので比較的早めですが、振込手数料が発生してしまいます。STORESは1ヶ月ごとの入金になり、振込手数料も発生します。他のECサービスと比較しても、Shopifyの入金サイクルは優れています。

まとめ

Shopify(ショッピファイ)の入金サイクルについて、決済手段別のサイクルや注意点、他のECサービスとの比較を解説しました。

入金サイクルの早いECサービスや決済手段を利用すれば、事業開始初期で手元にキャッシュが少ない場合でも、すぐに売り上げを回収することができ、効率良く運営していけます。入金サイクルの早いECサービスを利用したい場合は、Shopifyが最も早く振込手数料もかからないのでおすすめできます。

Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。