Shopifyのサブドメイン

Shopify(ショッピファイ)でECサイトを運営しているとき、すでに運用しているホームページと関連付けたいので、サブドメインを使いたいと考えている方もいるでしょう。しかし、実現にはネットワークの知識や仕組みを知っていないとなかなか大変です。

それに、日本語サポートも充実してきたとは言え、まだShopifyの情報は不足しており、サーバーのマニュアルも複雑でわかりにくいという現状です。問い合わせても、返信が遅かったり、そもそも連絡すること自体面倒と考えて二の足を踏んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、Shopifyストアとサブドメインの設定方法について解説します。

サブドメインとは?

設定方法の前に、サブドメインについて解説しておきましょう。サブドメインとは、メインのドメインをさらに分割して利用できるドメインのことです。一つのドメインを、目的や用途別に分けて利用するときに使用されます。そのため、メインとなるドメイン(メインドメイン)がなければ、使用できません。具体的には下記のようなものです。

  • メインドメイン:https://www.abcdefg.co.jp
  • サブドメイン:https://www.▲▲▲.abcdefg.co.jp

上記のように、メインドメインの前にドットで区切り好きな文字列を入力して使用します。メインのドメインがあれば、サブドメインは無料、または安価で利用可能です。

また、メインで運用しているホームページにShopifyのストアを関連付けたい場合、サブドメインを使用することで関係性のあるサイトと見てもらえます。そのため、複数のサイト運営時に用いられることが多いです。

サブドメインを設定するメリット

Shopifyでサブドメインを利用するメリットは、運営しているホームページとShopifyストアを関連付けられることです。

もし、それぞれのサイトがまったく別のドメインだった場合、ユーザーは関連するサイトとわからないでしょう。そのため、まったく関係ないサイトに訪問したのかもしれないと不安になる可能性もあります。

ブランドを統一するためにも、せっかく運営しているホームページがあるならば、関係するストアであることを明確にさせるためにも、Shopifyストアにサブドメインを設定すると良いでしょう。

また、Shopifyのデフォルトのドメインだと、SEO的にも不利です。登録したときのままではShopifyのサブドメインとなります。

そのため、SEOを考えていないShopifyストアオーナーが多くなれば、SEO的に弱くなってしまいます。これは、サブドメインが悪いわけではなく、Shopifyのデフォルトのドメインを使っている人が多い影響で悪くなることが理由です。

それに、運用しているホームページと同じようなドメインであれば、整合性も取れます。例えば、名刺に書くときなども、自分たちの紹介になります。

サブドメインの設定方法:Shopify(ショッピファイ)側

Shopify

それでは、具体的にShopifyのサブドメイン設定方法について解説しましょう。

すでに運営しているサイトがあれば、独自ドメインを取得しているでしょう。その際に、利用しているサーバー会社がサブドメインに対応しているかを確認してください。対応していなければ、サブドメインの利用をできないため注意してください。

利用しているサーバー会社が、サブドメインに対応しているならば問題ありません。まずは、サーバー会社でサブドメインを取得しましょう。

では、サブドメイン取得と、その後のShopify側の設定を確認しましょう。手順は次のとおりです。

Shopify側の設定手順
  1. 利用中のサーバー会社でサブドメインを取得する
  2. オンラインストアでドメインを選択する
  3. 「既存のドメインを接続する」をクリックする
  4. 既存のドメインとの接続を確認する

ステップ①:利用中のサーバー会社でサブドメインを取得する

サブドメインの取得は、利用中のサーバー会社で取得してください。ドメインを取得した会社にログインして何かする必要はなく、あくまでもサーバー会社の管理画面から行いましょう。

サブドメインの取得は、サーバー会社によりさまざまなので、それぞれのサーバー会社のやり方を参照してください。今回は、例として「エックスサーバーの場合」を紹介します。

まず、サーバーパネルにログインし、「サブドメインを設定」をクリックします。設定を追加したいサブドメインを入力し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

なお、サブドメインの名前は、自由に決められます。そのため、Webサイトの内容を表すような名前が良いでしょう。

次に、手続き内容の確認し「追加する」をクリックすると、サブドメイン設定と無料独自SSLの設定が追加されます。そして、「サブドメインの設定が完了しました」が表示されれば、ドメイン設定の追加は完了です。

なお、サブドメインの設定がサーバーに反映されるまでに、最大で72時間程度かかります。その間は、Web環境によってサブドメインで作成したWebサイトを閲覧できないこともあるため、注意してください。

ここまで終わったら、Shopifyの設定に進みましょう。

ステップ②:オンラインストアでドメインを選択する

最初に、Shopifyの管理画面から「オンラインストア」「ドメイン」「既存のドメインを接続する」をクリックしてください。

ステップ③:既存のドメインを接続するをクリックする

次に、「既存のドメインを接続する」が表示されるので、ここをクリックします。すると、「既存のドメインを接続する」が表示されるので、先ほど取得したサブドメイン名を入力し、「次へ」をクリックしてください。

なお、入力時に「www」などを入力しないように気を付けましょう。

ステップ④:既存のドメインとの接続を確認する

「既存のドメインとの接続」の画面が出てくるので、ここで「接続を確認する」をクリックしてください。すると、「接続を検証する」画面がすぐに出てきます。しばらくすると、「AとCNAMEが正しく入力されていません」というエラーメッセージが出てきます。

どこにも連結されていないサブドメインのため、エラーが出るのは当たり前です。そのため、正しい手順を踏んでいるので、エラーメッセージが出たからといって慌てないでください。

Shopify側の設定はこれで終了です。ただし、サーバー側の設定を何もしていないため、この画面を開いたまま、続いてサブドメインを取得したサーバー会社側の設定に進みましょう。

サブドメインの設定方法:ドメイン取得サイト側

続いて、サブドメインを取得したサーバー会社側のサブドメイン設定手順を紹介します。手順は次の通りです。

ドメイン取得サイト側の設定手順
  1. Aレコードを設定する
  2. CNAMEレコードを設定する
  3. 再度Shopifyの管理画面で既存のドメインとの接続確認を行う

「Aレコード」や「CNAMEレコード」と聞いて、難しいと感じる人もいるかもしれません。しかし、実際の作業は難しくはありません。知識がないからと諦めないでください。この解説では、内容も紹介しているので、ぜひ読んで設定を完了させましょう。

なお、こちらも「エックスサーバー」を事例にそれぞれ詳しく説明します。また、「エックスサーバー」以外も、上記2つの設定を行わなくてはならないのは同様です。

ステップ①:Aレコードを設定する

Aレコードとは、アドレス(Address)の頭文字からきており、その名のとおりドメインをIPアドレスに置き換えるレコードのことです。たとえば、次のような情報を指定するために使用します。

www.○○○.co.jpは***.***.**.***のホストである

ShopifyのIPアドレスは、23.227.38.65です。これがAレコードになります。そこで、サーバー会社側のAレコードを23.227.38.65に変更しなければなりません。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、この中の「DNS設定」をクリックしてください。ドメイン選択画面に遷移するので、取得したサブドメインを選択します。

そして、「DNSレコード一覧」をクリックしてください。デフォルトのままだと、Shopifyとは別のIPアドレスが、3つ表示されてるので、すべてShopifyのIPアドレスに変更しましょう。

ホスト名と種別「A」を変更する必要はありません。「内容」をShopifyのIPアドレスである「23.227.38.65」に変更してください。

変更後、「確認画面へ進む」をクリックすると、変更されたことを確認できるでしょう。確認後、残り2つも同様に変更して完了です。

ステップ②:CNAMEレコードを設定する

CNAMEレコードは、正規ホスト名に対する別名を定義するレコードのことで、特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。Aレコードが本来のドメイン名とIPの関係を定義するものであるのに対し、CNAMEレコードはドメイン名と別ドメイン名を転送するものです。

では、「エックスサーバー」でShopifyのCNAMEレコードを設定する場合を紹介しましょう。

Aレコードのときと同じくサーバーパネルにログインし、「DNS設定」をクリックします。ドメイン選択画面に遷移し、作成したサブドメインをクリックしてください。

そして、「DNSレコード追加」のタブをクリックし、ここにCNAMEを追加します。そして、次のとおり入力してください。

  • ホスト名:www
  • 種別:CNAME
  • 内容:shops.myshopify.com

そして、「確認画面へ進む」をクリックで完了です。

ステップ③:再度Shopifyの管理画面で既存のドメインとの接続確認を行う

サーバー側の設定が完了したので、再度Shopifyの管理画面で既存のドメインとの接続確認を行いましょう。先ほど開いたままにしたShopifyの管理画面で、再度「もう一度確認する」をクリックしてください。

これでしばらく待ってみましょう。数時間待てば、内容が反映されるはずです。ここで、「ドメインが正常に接続されました」の文言が出てくれば成功です。

この段階でうまく接続できない場合は、どこか設定が間違えていると考えられます。すべての手順を見直し、修正してください。

Shopifyにサブドメインを設定する注意点

最後に、Shopifyにサブドメインを設定する注意点をお伝えしましょう。気を付けなければならないのは、メインのドメイン提供元のサービス変更などでドメイン変えなくてはならなくなった場合、サブドメインも強制的に変更となることです。

サブドメインは、大元のドメインと紐付いているものです。そのため、大元のドメインが使用停止の処分を受けた際や、ドメインの売買などを行って使うことができなくなった場合は、サブドメインも使うことがでできなくなることに注意が必要です。

しかし、普通にECサイトを運営している場合はドメインが使用停止になることやドメインの管理会社のトラブルに巻き込まれてドメインが使用できなくなるということはあまりありません。そのため、ドメインに関してはそこまで神経質にならなくても良いでしょう。

ただ、大元のドメインが使えなくなった場合、サブドメインも使うことができなくなるということだけは覚えておいてください。

まとめ

Shopify(ショッピファイ)のサブドメイン設定について解説しました。Shopifyでは、サブドメインの設定は容易です。すでにドメインを持っていてもそこまで難しい手順はないので、初心者でも安心してサブドメインを利用できるでしょう。

多少ネットワークの関連用語が出てくるため、難しく感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、作業自体は難しいものではないので、言葉の意味がわからないと敬遠せずに、自分で設定してみましょう。

ただし、反映されるまでに時間を要するため注意が必要です。そのため、サイトを本格稼働させるタイミングに気を付けてください。

本格稼働させたいときに反映されていなければ、せっかくShopifyストアの宣伝していてもサイトを訪問できなくなってしまいます。これでは売り上げに影響も出てしまいますよね。なので、サブドメインの設定は、計画的に行うようにしてください。

サブドメインを設定すれば、運営しているホームページとの関連性もわかりやすくなります。また、複数のブランドを扱ったShopifyストアを複数運営している場合も、サブドメインを活用すれば、同じ会社のものだとユーザーに知らせることもできるでしょう。

すでにメインのドメインを持っている方は、ぜひShopifyにサブドメインを設定し、ホームページと関連付けてください。ホームページ自体の価値も向上するはずです。

Shopify Guide編集部は、メディア「Shopify Guide」の運営によってShopifyの最新情報やノウハウを常に蓄積してきています。ShopifyでECサイトの新規制作・リニューアル、Web広告などによるプロモーションをお考えの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。