Shopifyで利用できる支払い方法を徹底解説・おすすめは?

「Shopifyで利用できる支払い方法は何がある?おすすめは何?」そんな疑問をお持ちでしょうか?Shopify(ショッピファイ)では非常に多くの決済方法を導入することができ、決済方法によって決済手数料や顧客の利便性が異なります。

そこでこの記事では、Shopifyで利用できる支払い方法をそれぞれ具体的に解説し、おすすめの支払い方法を紹介します。導入する支払い方法の選択によって購入率が変わってくるので、どの支払い方法を選択すれば良いかわからない方は、ぜひ最後までチェックしてください。

Shopify(ショッピファイ)でおすすめの支払い方法

Shopify(ショッピファイ)でおすすめの支払い方法は「Shopify Payment(ショッピファイペイメント)」です。Shopify PaymentはShopifyが提供している決済サービスで、次のような特徴があります。

Shopify Paymentの特徴
  • 審査不要ですぐに利用できる
  • 管理画面で決済情報を確認できる
  • 決済手数料以外かからない

Shopify Paymentは、Shopifyにショップを開設し、必要な情報を登録すれば審査不要ですぐに利用を開始できる特徴があります。他の決済サービスは導入時に審査が必要になり、利用開始まで時間がかかってしまいます。ECサイト運営経験の少ない方にとって、簡単に導入できるShopify Paymentの利点は大きいです。

次に、Shopify Paymentは管理画面で売り上げや支払額などの情報をリアルタイムで確認できる特徴があります。決済サービスによっては専用の管理画面でないと支払いを確認できないデメリットなどもあるので、Shopify Paymentを利用すれば管理にかかる時間を削減できるでしょう。

最後に、Shopify Paymentを利用すれば販売手数料が無料になり、決済手数料以外の追加費用がかかりません。Shopify Paymentの決済手数料は次の通りです。

ベーシック スタンダード プレミアム
国内クレジットカード 3.40% 3.30% 3.25%
海外/AMEXクレジットカード 3.90% 3.85% 3.80%
JCBクレジットカード 4.15% 4.10% 4.05%
他の決済サービスを利用する
場合の追加料金
2.00% 1.00% 0.50%

上位プランになるほど決済手数料や追加料金がお得になります。特別な理由がない限りはまずShopify Paymentを利用し、ターゲットユーザーや販売戦略に合わせて、この記事で紹介する他の支払い方法を導入してみてください。

Shopify Paymentの利用方法

続いては、Shopify Paymentの利用方法を解説します。

Shopify Payment利用方法
  1. アカウントの設定を完了する
  2. 情報を登録する
  3. Shopify Paymentの各種設定を行う

まずはShopify管理画面左下の「設定」から「決済」を選択し、Shopify Payment項目の「アカウントの設定を完了する」をクリックします。

Shopify Paymentの利用方法

アカウント設定では個人情報や銀行口座情報などを入力します。

情報を登録する

情報の登録が完了したら、最後にShopify Paymentの各種設定を行います。

Shopify Paymentsの各種設定
  • 通知
  • CVVの認証に失敗した支払いの拒否
  • 郵便番号の認証に失敗した支払いの拒否
  • 3Dセキュア認証
  • お支払い方法
  • 簡単なチェックアウト

設定をすべて完了させたら、テストモードで決済を確認してから販売を開始しましょう。

Shopify(ショッピファイ)で利用できる支払い方法:電子決済サービス

Shopify(ショッピファイ)で利用できる電子決済サービスは次の通りです。

Shopifyで利用できる電子決済サービス
  • PayPal
  • Amazon Pay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Shop Pay

Amazon PayやGoogle Payなど利用者の多い電子決済サービスを導入することで、カゴ落ちを防ぐ効果があります。クレジットカード情報を入力する手間がかからないので、新規顧客に加えてリピーターの獲得にも繋がるでしょう。

Apple Pay・Google Pay・Shop PayはShopify Paymentの設定画面でチェックを入れるだけで利用可能です。

PayPal

PayPal

PayPalは世界中で利用されている電子決済サービスで、PayPalアカウントを開設しているユーザーは、アカウントにログインするだけで簡単に支払いが完了します。

海外向けに販売したい人におすすめの支払い方法で、Shopifyでは審査なしで初期状態から利用できます。22の通貨に対応し、5万円以上の出金では振込手数料が無料になります。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB・銀聯 3.6%+40円(国内の標準レート:月額取引量で変動) 0円(出金5万円未満は250円/件) 初期状態から利用できる

Amazon Pay

Amazon Pay

Amazon Payは名前の通りAmazonアカウント情報を利用して決済できるサービスで、支払い情報を入力する手間なく購入が可能になります。ユーザー数の多いAmazon情報を活用すれば新規顧客を獲得しやすくなり、カゴ落ちを防ぐことができます。

決済手数料はShopify Paymentよりも高くなりますが、初期費用&月額費用無料で利用でき大変お得です。利用には日本に拠点がある法人として、Amazon Payの利用申請をしなければなりません。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB 4%(デジタルコンテンツ=4.5%) 0円 Amazonのアカウント情報を利用できる

Apple Pay

Apple Pay

Apple PayはShopify Paymentと提携している決済サービスで、アイコンにチェックを入れるだけで簡単に支払いが完了します。iPhoneやiPadなどApple製品を利用しているユーザーに最適な支払い方法です。

対応ブランド 決済手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX Shopify Paymentに準ずる Amazonのアカウント情報を利用できる

Google Pay

Google Pay

Google PayはApple PayやShop Payと同様に、Shopify Paymentと提携している決済サービスで、同じように購入手続きを簡略化できます。ユーザーは購入時にGoogle Payのアイコンにチェックを入れるだけで支払いが完了し、カゴ落ちを防ぐ効果があります。

対応ブランド 決済手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX Shopify Paymentに準ずる Amazonのアカウント情報を利用できる

Shop Pay

Shop Pay

Shop PayはShopifyで構築されたショップで利用できる決済サービスで、ユーザーのクレジットカード情報や個人情報を保存でき、購入手続きを簡略化できます。ユーザーは購入時にShop Payに登録したメールアドレスと携帯電話番号宛に送られてくる、6桁の認証コードを入力するだけで支払いが完了します。

Shop Payを導入することで、リピート購入を促す効果や、ショップのファン獲得に繋げられるでしょう。

対応ブランド 決済手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX Shopify Paymentに準ずる Shopify公式決済サービス

Shopify(ショッピファイ)で利用できる支払い方法:コンビニ対応

次に、Shopify(ショッピファイ)で利用できるコンビニ対応の決済手段を紹介していきましょう。若年層や高齢者など、クレジットカードを保有していない又はあまり使用しない層をターゲットに販売しているショップでは、以下の支払い方法の利用がおすすめです。

Shopifyで利用できるコンビニ対応決済
  • 携帯キャリア決済
  • KOMOJU
  • Paidy翌月払い
  • GMOイプシロン

携帯キャリア決済

携帯キャリア決済は名前の通り、大手3大キャリアの携帯代金支払いに合わせて決済できるサービスです。クレジットカードを持っていないユーザーに対しても販売することができ、コンビニで支払うことも可能です。

キャリアへの支払いに決済が含まれるので、代金未回収のリスクが低いメリットがあります。クレジットカードを作ることができない若年層をターゲットにしている方に最適な支払い方法です。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
NTT docomo・au・SoftBank 6.4%(デジタルコンテンツ15%) 未回収のリスクがない

下記で紹介するGMOイプシロンも携帯キャリア決済を利用できます。

KOMOJU

KOMOJU

KOMOJUもコンビニ決済を利用できるサービスで、他にもPay-easyやデジタルマネー決済が利用できます。KOMOJUを導入するだけで、幅広い決済サービスをまとめて利用できるようになるので非常におすすめです。プリペイド型電子決済にも対応できるので、Shopifyと店舗を連携させている方に最適です。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・JCB・AMEX・Diners 3.6%(Visa・MasterCard)

3.85%(JCB・Diners・AMEX)

216円(入金額3万円未満かつ日本国内への振込手数料)

海外送金2,500円

コンビニ支払いに対応

Paidy翌月払い

Paidy翌月払いは名前の通り一括払いではなく、分割払いでの翌月支払いができる決済サービスです。15,000円以上の購入でのみ分割払いを適用できます。

コンビニ支払いや銀行振込・口座振替にも対応しているので、クレジットカードを保有していないユーザーへ対応できます。また、購入者から支払いが遅れた場合でも、Paidyが売上入金を保証してもらえるので安心です。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
コンビニ決済・銀行振込・口座振替 3.5% 500円 売上入金保証サービス

GMOイプシロン

GMOイプシロンは導入実績30,000社以上の人気の高い決済サービスで、コンビニ決済やクレジットカード決済、3Dセキュア決済などに対応しています。他にも代引き決済や後払い決済なども導入でき、幅広いユーザーニーズに対応できます。

また、クレジットカード決済手数料は3.20%からと比較的低くおすすめです。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB クレジット:3.20%〜

コンビニ決済:130円〜

代引き決済:360円〜

携帯キャリア決済:6.0%〜

ウォレット決済:3.6%+40円

50円(ジャパネット銀行で受け取る場合) 決済手数料が安い

Shopify(ショッピファイ)で利用できる支払い方法:クレジット決済

次に、Shopify(ショッピファイ)で利用できるクレジット決済は次の通りです。

クレジット決済はShopify Paymentを始めとして、多くの支払い方法で利用できます。支払い方法によって対応ブランドの多少の違いはありますが、基本的には決済手数料や振込手数料の安い支払い方法を利用するのがおすすめです。

Shopifyで利用できるクレジット決済
  • SBペイメントサービス
  • 2Checkout

SBペイメントサービス

SBペイメントサービス

SBペイメントサービスはソフトバンクの子会社が運営する決済サービスで、VisaやMasterCardなど主要クレジットカード決済やPayPay・楽天ペイなどの電子決済、キャリア決済などさまざまな決済方法を利用できます。

さまざまな決済方法を利用できるメリットがある一方で、導入には審査が必要なことや、手数料を個別で見積を取る必要があるデメリットがあります。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB 都度見積もり 都度見積もり 信頼性の高い決済サービス

2Checkout

2Checkoutは日本円を含む87通貨に対応している決済サービスで、海外のアプリで多く利用されています。

Shopifyで越境ECサイトを運営している方におすすめでき、15言語のサポートに対応しています。これにより、200ヶ国以上の国々に販売を行えるようになります。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB 3.9%+45セント 300ドル以上で15ドル 87通貨・15言語に対応

Shopify(ショッピファイ)で利用できる支払い方法:仮想通貨決済

最後に、Shopify(ショッピファイ)で利用できる仮想通貨決済は次の通りです。仮想通貨の将来性を考えて、仮想通貨決済を導入しておきたいショップには以下の決済サービスがおすすめです。

Shopifyで利用できる仮想通貨決済
  • CyberSource
  • BitPay

CyberSource

CyberSource

CyberSourceは決済セキュリティレベルの高い決済サービスで、不正防止管理機能を導入できます。最新の自動化スクリーニングを活用して、不正詐欺からショップを守ることが可能です。また、Shopifyでは仮想通貨決済を導入できます。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
Visa・Mastercard・AMEX・JCB 3.9%+45セント 15ドル セキュリティレベルが高い

BitPay

BitPay

BitPayはビットコインとビットコインキャッシュでの支払うことができる決済サービスです。決済手数料は1%とクレジットカード決済と比べて非常に安いのが特徴です。仮想通貨を利用して購入するユーザーは少ないですが、決済手数料の安さから導入するショップも増えてくるはずなので、これからの需要増加に期待しましょう。

対応ブランド 決済手数料 振込手数料 特徴・強み
ビットコイン・ビットコインキャッシュ 1% 0円 格安の決済手数料

まとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)で利用できる支払い方法と、おすすめの方法を紹介しました。Shopifyを始めて利用する方は、まずはShopifyが公式で提供しているShopify Paymentを導入し、ターゲットユーザーや販売戦略に合わせて、解説した支払い方法を導入すると良いでしょう。

Shopify Paymentを利用すれば、決済手数料以外にコストがかからず、ユーザーの購入手続きを簡略化することが可能です。Shopify Payment以外にどの支払い方法を導入すれば良いかわからない方や、マーケティング戦略に合う決済サービスがどれかわからない方は、今回お伝えした内容を参考にしてください。

Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。