Shopifyのコンサル

Shopify(ショッピファイ)でECサイトを制作し、成果の出る効果的な運営をしていくには、EC運営の専門的なノウハウや経験が必要になります。Shopifyを利用することで簡単にECサイトを開設できますが、集客や販売対策を行って、売り上げを上げていくのは非常に難しいです。

そこで、この記事ではShopify制作や運営にコンサルが必要な理由や、選ぶ際のポイント、コンサルを受ける必要がある方を解説しています。どうすれば売り上げを上げられるのか、どこを改善すれば良いのかわからない方は、この記事を参考にコンサルの活用を検討してみてください。

Shopify(ショッピファイ)制作・運営にはコンサルが必要な理由

Shopify(ショッピファイ)でECサイトを制作・運営を成功させるには、以下の理由からコンサルが必要です。ECサイト運営のコンサルは費用対効果が高く、社内にノウハウを蓄積できるので、少しでも不安のある方は積極的に活用することをおすすめします。

コンサルが必要な理由
  • 専門的なノウハウやスキルを活用できるから
  • 自社の社員をコア業務に専念させることができるから
  • 成果が出るまでの時間を短縮できるから

専門的なノウハウやスキルを活用できるから

Shopifyのコンサルを受けることで、専門的なノウハウやスキルを活用できます。

自社でWebやEC業界の知識がない場合は、戦略のない状態で運営を行うことになります。当然ながら、なんとなく運営を行っても成果を出すことはできませんし、仮に上手くいっても原因がわからないので、長くは続きません。

コンサル費用を払って専門的なノウハウとスキルを活用することで、成果と時間を得ることができます。

自社の社員をコア業務に専念させることができるから

Shopifyのコンサルタントに業務を依頼することで、自社の社員をコア業務に専念させることができます。

ほとんどの企業ではEC業務専門の担当者が存在せず、他の業務と兼任しながらECサイトを運営しています。兼任しながら運営しているため、成果を出すことに注力できませんし、コア業務も疎かになってしまいます。

専門的な知識が必要なECサイトの運営はコンサルタントに依頼し、自社の社員はコア業務に専念させ、成果の出しやすい体制を整えるようにしましょう。

成果が出るまでの時間を短縮できるから

Shopifyのコンサルを依頼することで、売り上げを増やせるだけでなく、成果が出るまでの時間を短縮できます。

ECサイトで成果を出すには集客対策を行い、アクセスを集めて、商品を購入してもらわなければなりません。また、自社に運営ノウハウがない場合は、さまざまな集客・販売方法を実践し、改善を繰り返しながら運営していく必要があります。戦略立案や施策の実行から検証まで自社で行った場合は、多くの手間と時間がかかってしまいます。

一方で、コンサルを受けた場合は、自社の問題を解決する効果的な施策を行って、目標まで最短距離で到達することができます。無駄な時間をかけたくない方は、コンサルを活用して成果が出るまでの時間を短縮しましょう。

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを受ける前に行うこと

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを受ける前に行うことは次の通りです。良いコンサルタントやコンサル会社が見つかったらすぐに依頼するのではなく、コンサルを成功させるために次のことを行っておきましょう。

コンサルを受ける前に行うこと
  • ECサイトの課題を顕在化する
  • 担当者の実績や知識を確認する

ECサイトの課題を顕在化する

コンサルはあくまでも運営サポートという形になるので、自社の課題を顕在化しておき、コンサルタントが改善点を導きやすい状態にしておくことが大切です。なぜコンサルを受けるのか、課題は集客・販売・リピートのどの段階にあるのかを明確にしておきましょう。

また、コンサルを受けた場合に達成したい目標数値を決めておき、コンサルタントと共有できる状態で依頼してください。

担当者の実績や知識を確認する

コンサルを依頼する前に、必ず担当者の実績や知識を確認しておき、自社の課題を解決できるのかを判断しておきましょう。コンサル会社に依頼する場合は、担当者の方によって知識の差があるので、見積もりや相談の段階でしっかり知識を確認してください。

会社として豊富な実績があったとしても、担当者の方が新人であったり、経験が不足していたりする可能性も十分考えられます。

事前に担当者の方とコミュニケーションを取ることで、コンサルをスムーズに進められるメリットもあるので、実績や知識の確認は失敗しないために大切なポイントです。

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを選ぶ際のポイント

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを選ぶ際は、次のポイントに注意しましょう。

ECサイト運営のコンサルを依頼すると、一定期間契約することになり、簡単にコンサルを変更することはできません。また、ある程度の契約期間をかけないとコンサル成果を出すことは難しいので、適当に選ぶことがないようにしてください。

ポイント
  • 店舗運営や経営を実際に行っている
  • 対応がスピーディー
  • 複数のチャネルに対応できる

店舗運営や経営を実際に行っている

Shopifyのコンサルを選ぶ際は、店舗運営や経営を実際に行っている方に依頼することをおすすめします。ECサイトのコンサルを受けて成功につなげるには、EC運用の現場を熟知しており、サイトを俯瞰して分析し、実現可能な提案を行える方に依頼することが重要です。

実際に運営経験のある方に依頼する方法としては、ECサイトの開発や運用も行っている会社にコンサルをお願いすることです。EC制作会社で運用やコンサルまで対応していることは多いので、相談を行って運用実績や経験を確認してみましょう。

対応がスピーディー

コンサルを成功につなげるには、対応がスピーディーでコミュニケーションが円滑に取れる会社に依頼することが大切です。コンサルタントといっても人間なので、どうしても相性の悪い方もおり、コミュニケーションが取りづらい方や、質問の答えが的確ではない方などの問題が考えられます。

どれだけ優秀なコンサルタントだとしても、コミュニケーションが取りづらい方や、対応が遅い方は注意しなければなりません。

また、依頼する側の勘違いとして、コンサルタントに丸投げして任せてしまうことがあります。基本的に、コンサルタントはECサイト運営をサポートすることが仕事なので、完全に運営業務を代行してもらえるわけではありません。

任せきりになるのではなく、コンサルタントとパートナーになるつもりで、コミュニケーションが取りやすい方を選ぶようにしましょう。

複数のチャネルに対応できる

ShopifyでECサイトを運営するメリットの一つとして、複数のチャネルと連携して集客や販売を行えることがあります。そのため、コンサル会社や担当者が得意としている領域をチェックしてから依頼してください。

自社の商品によって連携すべきチャネルは変わってきます。扱っている商品や業界について理解していなければ成果を出すことはできません。

コンサル会社に依頼する場合は、会社全体としての実績だけではなく、実際に対応する担当者の方が業界を理解しているかをチェックしておきましょう。事前に連携したいチャネルや販売戦略を相談して、意見を聞くことをおすすめします。

Shopify(ショッピファイ)のコンサルの種類

Shopify(ショッピファイ)のコンサルは、次の3種類が一般的です。コンサルタイプによってサポート内容の特徴が異なるので、自社のECサイトの問題を考えて、どのタイプのコンサルを受けるべきか検討してください。

Shopifyのコンサルタイプ
  • 総合コンサルティング
  • 支援型コンサルティング
  • 特化型コンサルティング

総合コンサルティング

総合コンサルティングは、事業全体の戦略立案や運営全体をサポートするタイプで、最も費用や期間が大きくなる特徴があります。総合コンサルティングは次のような方におすすめです。

総合コンサルティングがおすすめの方
  • 予算が豊富な方
  • 集客から販売までトータルサポートを受けたい方
  • ECサイト構築からサポートしてもらいたい方

すでにECサイトを運営している方でも依頼できますが、サイト構築前の市場分析や競合分析などからサポートしてもらえるので、これからECサイトを構築したい方に最適です。

総合コンサルティングに依頼する際の注意点は、豊富な知識や経験が必要になるサポートなので、依頼する方は慎重に選ぶことです。また、依頼期間が長く費用が高額になるので、予算を考えて検討してください。

支援型コンサルティング

支援型コンサルティングは、集客や業務改善など部分的に支援するタイプです。ECサイトによって抱えている問題は異なるので、部分的に支援してもらえるコンサルを受けて対策します。

支援型コンサルティングは次のような方におすすめです。

支援型コンサルティングがおすすめの方
  • 自社の改善点が分かっている方
  • 予算が限られている方

集客支援の場合は、SEO対策やリスティング広告運用など集客数を増やす改善、SNS連携などの集客チャネルの拡大を行います。業務改善支援の場合は、在庫管理や物流業務を見直して、運用効率を高める改善をします。

特化型コンサルティング

特化型コンサルティングは、楽天市場やAmazonなどモールとの連携や越境ECサイト運営に特化したサポートを行います。特化型コンサルティングは次のような方におすすめです。

特化型コンサルティングがおすすめの方
  • モールと連携して販売を強化したい方
  • 越境ECサイトで海外向けに販売したい方

Shopifyで構築したECサイトでもモールと連携して販売できるので、モールでの販売戦略に特化しているコンサルに依頼するのがおすすめです。越境ECサイトを運営したい方は、販売する国の市場や税務など専門的な知識が必要なので、海外向けの販売に特化しているコンサルに依頼しましょう。

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを受ける必要がある方

Shopify(ショッピファイ)のコンサルを受ける必要がある方は次の通りです。自社でECサイト運営ノウハウや経験がある場合は、コンサルを受ける必要はありません。

しかし、始めてECサイトを運営する方や、効果的な運営方法が分からない方はコンサルを受ける必要があるでしょう。

コンサルを受ける必要がある方
  • ECサイト運営に失敗したくない方
  • 成果を出す方法がよく分からない方

ECサイト運営に失敗したくない方

Shopifyを利用すればECサイトを簡単に開設できますが、成果の出る運営を行うには専門的な知識が必要です。自社でECサイト運営ノウハウがない方や運営に失敗したくない方は、コンサルを受けることをおすすめします。

ECサイト運営に失敗する方の多くは、サイトを開設するだけで満足していたり、戦略なしに運営してしまったりしています。売り上げを増やすには、集客・販売・リピーター対策を戦略的に行わなければならないので、自社で対応できない場合はコンサルが必要です。

成果を出す方法がよく分からない方

始めてECサイト運営を行う方で、どうすれば成果を出せるのかわからない場合は、コンサルを受ける必要があります。コンサルを受ければ必ず成果が出るわけではありませんが、自社で何もわからないまま運営を続けるよりも、間違いなく早く成果を上げられるはずです。

どうしたら良いかわからない状態で運営を続けるのは非常に不安に感じるので、知識や経験のあるコンサルタントにサポートしてもらいましょう。

お困りの方はShopify Guideへお気軽にお問い合わせください

Shopify(ショッピファイ)の制作や運営にはコンサルが必要な理由と、選ぶ際のポイント、コンサルが必要な方を解説しました。Shopifyは簡単にECサイトを構築できるサービスですが、効果的な集客や販売対策を行って、売り上げを上げるには専門的なノウハウや経験が必要です。

自社でECサイト運営経験がない場合や成果が出せない場合でも、コンサルを受けることで現状の問題を解決できる可能性があります。

Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有することができます。こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。ShopifyでECサイトの運営を始めるなら、知識を持ったパートナーと始めることをおすすめします。