Shopifyの売り上げアップ

「Shopifyで売り上げをアップさせるにはどうすれば良いのだろう?」という悩みはありませんか?

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせるには、「集客」「販売」「顧客管理」の3つをそれぞれ対策する必要があります。そこで、今回はShopifyの集客力を高める方法、集客したユーザーに購入してもらう販売戦略、リピート購入に繋がる顧客管理方法を解説します。

単にShopifyでECサイトを構築するだけでは売り上げを増やすことはできないので、今回紹介する方法で対策してみてください。

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせるために必要なこと

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせるために必要なことは次の3つです。集客から販売、顧客管理によるリピート増加まで、Shopifyで売り上げをアップさせるために非常に大切です。

売り上げをアップに必要なこと
  • 集客
  • 販売戦略
  • 顧客管理

集客

Shopifyの売り上げを増やすには、集客力が非常に大切です。Shopifyは手軽にECサイトを構築できるサービスですが、集客できなければ売り上げを上げることはできません。

集客力があれば、以下で解説する「販売戦略」や「顧客管理」を行いやすくなり、売り上げを増やす施策を実行できます。ショップに集客ができていない場合は、最初にこの記事で解説する集客方法に取り組んでみてください。

販売戦略

次に、集客したユーザーに商品を購入してもらうための販売戦略が大切です。ショップに初めてアクセスしたユーザーは、商品をなんとなく気になっている見込み客なので、さまざまな施策を行って初回の購入へつなげます。

初回の購入は最もハードルが高く、少しでも購入しやすい心理状態になるように、特典や割引セールなどを行いアプローチします。売り上げを増やすための販売戦略は、ターゲットや商品の特徴によって異なるので、この記事で解説する方法を実行してみてください。

顧客管理

集客力を高めてショップにユーザーを集められるようになり、販売戦略を実行し売り上げが上がるようになったら、顧客管理を行います。顧客管理を行うことで、売り上げにつながる施策に注力できるようになることや、既存顧客にリピート購入を促すことができます。

これにより、売り上げの変動を小さくして安定化できます。顧客管理はリピート顧客を増やすことに直結する大切なことなので、この記事で紹介する流れで行ってみてください。

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる方法:集客編

最初に、Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる集客方法を解説します。

売り上げをアップさせる集客方法
  • リスティング広告
  • SNS広告
  • ブログ運営

集客方法には広告費をかけて集客する方法と、費用をかけずに集客する方法があります。予算によって対策すべき集客方法は異なります。

リスティング広告

リスティング広告は、ユーザーが検索するキーワードに合わせて表示できる広告です。検索結果の最上部に表示されるので、ユーザーにクリックされる可能性が高いです。

SEO対策を行って上位表示するには半年〜1年ほどかかりますが、リスティング広告は出稿した日から上位に表示できます。広告費用は必要ですが、結果が出るまでのスピードが速く、出稿するキーワード分析を行うことで、購入につながる見込み客だけを集客できます。

SNS広告

SNS広告は、InstagramやFacebookに表示できる広告です。SNS広告は配信するSNSによって利用者層や配信形式が異なるので、自社のターゲットに合わせて選択することが大切です。

例えば、Instagram広告では投稿のタイムラインやストーリーズに、写真や動画を活用して配信することができ、利用者は女性ユーザーが多い特徴があります。また、InstagramやFacebookはShopifyと連携させることができ、ユーザーにSNS上で販売することも可能です。

広告からSNSフォロワーを増やす効果もあり、将来的に広告費をかけずに集客できるようになる可能性があります。なので、SNS広告を利用する際は、ShopifyとSNSの連携を行っておき、SNSのアカウント運用も行っておくと良いでしょう。

ブログ運営(コンテンツSEO)

Shopifyでは広告運用の他に、ブログ運営を行って検索結果の上位表示を狙うことで集客できます。ブログ運営であれば広告費をかけずに無料で行うことが可能です。

Google検索で上位表示するには、SEO対策を行って継続的に記事を更新する必要があります。広告からの集客であれば、すぐにアクセスを集められますが、SEO対策で結果が出るまでには大変時間がかかります。

しかし、一度上位表示されるようになれば、ある程度安定して集客できるようになり、ターゲットユーザーに向けて情報を発信することで、潜在層から顕在層まで売り上げにつながる集客を行えます。Shopifyのブログ機能を利用するか、WordPressで集客用のブログを開設して運営してみてください。

集客のおすすめアプリ

集客に役立つおすすめアプリは次の4つです。

集客おすすめアプリ
  • SEO manager
  • Point of Sale
  • Google channel
  • Affiliate Integrate

SEO Manager

SEO manager

画像引用元:SEO Manager

SEO ManagerはSEO対策を行う際に役立つアプリです。月額20ドルで、7日間の無料体験から利用できます。

対策キーワードの選定や、ページスピードの最適化、meta description・title最適化、エラーページの抽出など、SEO対策に必要な機能が搭載されています。ShopifyのSEO系アプリの中でインストール数が多い人気アプリです。

Point of Sale

Point of Sale

画像引用元:Point of Sale

Point of Saleは、ECサイトと実店舗を連携できるアプリです。商品が購入されると自動で在庫数が連動し、商品管理を行いやすくなります。利用料金は無料から最大で月額89ドルです。

また、実店舗を利用した過去の購入情報からマーケティング施策を行うことで、ECサイトへの集客が可能です。実店舗も併せて運営している場合は、商品管理や集客を含めて非常に便利なアプリです。

Googleチャンネル

Googleチャンネル

画像引用元:Googleチャンネル

Googleチャンネルは、Googleショッピングに商品を掲載する際に役立つアプリです。Googleショッピングは、ショッピングキャンペーンを通じて作成される広告のことで、リスティング広告同様にユーザーが検索したキーワードに関連した商品が表示されます。

また、無料のリスティング広告を利用したい場合にも活用でき、Googleからの集客力をアップさせたい方に最適です。アプリ自体は無料で利用できます。

Affiliate Integrate

Affiliate Integrate

画像引用元:Affiliate Integrate

Affiliate Integrateは、Shopifyの商品をアフィリエイト広告に出稿できるアプリです。成果報酬型広告であるアフィリエイトを活用することで、費用対効果の高い集客を行えます。

また、口コミやレビューなどの第三者評価は、購入を検討しているユーザーの参考になり、新規顧客の獲得に繋がります。現在はA8.netやバリューコマースと連携することができ、今後も様々なASPと連携される予定です。利用料金は無料から月額4万円で、アフィリエイト出稿に関わる設定をサポートしてもらえます。

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる方法:販売戦略編

次に、Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる販売戦略を解説します。集客から購入につなげるためにも、これから紹介する販売戦略を参考にしてください。

売り上げをアップさせる販売戦略
  • アップセルを活用する
  • クーポンを活用する
  • ポイント機能を活用する
  • メールマーケティングを活用する

アップセルを活用する

アップセルといって、顧客が購入した商品よりも価格の高い商品を販促することで、顧客単価を高められます。アップセルは既存顧客に対してリピート購入を促しやすい方法です。

購入した商品と関連性が高く、売れている人気商品をおすすめすれば、購入率が高くなります。販促するタイミングとしては、決済時や商品をカートに追加した時が効果的です。

アップセルを行えるShopifyアプリは次の通りです。

アップセルおすすめアプリ
  • Bold Upsell
  • ReConvert Upsell & Cross Sell

クーポンを活用する

次回購入時に使用できる割引クーポンを配布することで、リピート購入を増やすことができます。新規顧客を獲得するよりも、リピーターを増やす方が簡単です。

クーポンはシンプルに配布するのではなく、10,000円以上の購入に限り5%OFFのクーポンを配布するなど、条件を指定することで顧客単価を高めることも可能です。以下で解説するメールマーケティングと組み合わせてクーポンを配布すれば、クーポン利用率を高めることもできるでしょう。

Shopifyはデフォルトの機能で、次の4種類のクーポンを発行できます。クーポンの割引率や割引金額、送料のみの適用、特定の商品で使用できるクーポンなどが発行できます。

Shopifyで発行できるクーポン
  • Percentage(割合)
  • Amount(定額)
  • Free Shipping(送料無料)
  • Buy X Get Y

ポイント機能を活用する

Shopifyにポイント機能を導入することで、顧客離れを防いで顧客生涯価値(=LTV)を高められます。ポイント機能はアプリを活用することで導入が簡単で、リピーター獲得や顧客単価向上メリットがあります。

ポイント機能を導入できるおすすめアプリは次の通りです。

ポイント機能おすすめアプリ
  • Loyalty,rewards and referrals
  • Easy Points
  • Glow: Loyalty Points & Rewards
  • Smile: Rewards & Loyalty
  • Bold Loyalty Points & Rewards

ポイント機能を導入できるアプリは、日本語に対応し、効果測定や分析を行いやすいものがおすすめです。日本の事業者向けに開発されたアプリでないと利用が難しいので注意が必要です。

また、ポイント機能が実装されていても利用率が低ければ意味がないので、分析と改善を行えるように効果測定機能があるアプリを活用しましょう。

メールマーケティングを活用する

メールマーケティングを行うことで、購入時以外でも顧客とのつながりを作ることができ、売り上げを増やすための施策も行いやすくなります。Shopifyでは、「Shopify Email」という公式アプリを活用してメールマーケティングを行えます。毎月2,500通まで無料で送信でき、それ以上は1,000通ごとに1ドル加算されます。

Shopify Emailはテンプレートが用意されており、ストアのロゴや商品説明などを自動で読み込み反映させることができます。メールの作成に時間がかからないので、メールの開封率やクリック率などの効果分析に時間をかけられます。

Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる方法:顧客管理編

最後に、Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップさせる顧客管理方法を解説します。Shopifyでは管理画面の「顧客管理」から顧客情報をインポートすることができ、他にもタグ付けやメール送信、顧客の検索を行えます。

顧客管理は正しい手順で進めることが大切なので、以下で解説する流れで行ってみてください。

顧客管理の流れ

顧客管理を行うことで、自社のECサイトのリピーターになってもらえて、顧客生涯価値=LTVを高めることができます。そのためには、次の流れで顧客管理を行うことが大切です。

顧客管理の流れ
  • 現状分析
  • 顧客セグメント化
  • シナリオ作成

現状分析

まずは、顧客の購買履歴を確認して、累計購入回数や累計購入金額、最終購入日を分析します。Shopifyはデフォルトの顧客管理機能または、専用の管理アプリを活用して分析を行います。

顧客セグメント化

現状の顧客分析を行ったら、購入頻度の低い顧客、購入金額の少ない顧客、最終購入日が古い顧客など、顧客のセグメント化を行います。顧客をセグメントごとに分類することで、行うべき対策が見えてきます。

例えば、新規顧客・安定顧客・優良顧客・休眠顧客というように購入頻度や金額によって4つのセグメントに分けて考えることもできます。

シナリオ作成

顧客セグメント化を行ったら、LTVを最大化するためのシナリオを作成します。例えば、安定して購入しているけれど、累計の購入金額が少ない顧客にはアップセルやクロスセルを行って購入金額を増やします。

他にも、最近の購入がない顧客には、アンケートを行って商品を購入しなくなった理由を分析したり、お得なセールやクーポンを配布したりして対策します。

このようにセグメントに分けられた顧客ごとに、最適な施策を行って、再度結果の分析を行うという流れで進めていきましょう。

顧客管理のおすすめアプリ

顧客管理に役立つおすすめアプリは次の2つです。

顧客管理おすすめアプリ
  • HubSpot CRM
  • Easy Tagging

HubSpot CRM

HubSpot CRM

画像引用元:HubSpot CRM

HubSpot CRMは、セールスやマーケティング、顧客管理を行えるサービスです。製品や顧客、注文データを連携することができます。具体的な機能としては、カゴ落ちメールの作成と自動送信、リスト機能による顧客分析、キャンペーンを自動化するワークフローの作成などです。

顧客管理以外にも、EC運営に関わる様々な業務を効率化できるので、非常におすすめです。無料から利用も可能なので試してみてください。

Easy Tagging

Easy Tagging

画像引用元:Easy Tagging

Easy Taggingは顧客情報にタグを付けられるアプリです。タグを付けることで顧客をセグメント化でき、キャンペーン施策を行いやすくなります。顧客情報以外にも注文情報や商品情報にもタグを付けられます。

手動でタグを付けることもできますが、Easy Taggingを活用することで、タグ付けルールを指定でき、手間をかけずに自動でタグ付けを行えます。

まとめ

今回は、Shopify(ショッピファイ)で売り上げをアップするために必要な「集客・販売戦略・顧客管理」について、行うべき対策や役立つアプリを解説しました。売り上げを増やすには、今回紹介した対策を継続して行って、分析と改善を重ねていくことが大切です。

Shopifyはネットショップ開設を簡単に行えるサービスです。しかし、開設したECサイトに集客したり、売り上げを発生させたりするためには、専門的なマーケティングノウハウや業界知識などが必要です。Shopify Guideは、メディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有したりコンサルティングしたりすることができます。

Shopifyの売り上げをアップさせるには、Shopifyの運営知識を持ったパートナーを見つけることが近道です。お困りの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。