Shopifyの制作代行

ECサイト制作には、機能やデザイン、UI/UXなど専門的な知識が必要になります。Shopify(ショッピファイ)は個人でも簡単にECサイトを制作できるサービスですが、制作後の集客や運用を考えると、Shopify制作代行を利用して、売上を上げられるECサイトを作ることがおすすめです。

そこで今回は、ShopifyでECサイトを制作したいけど、どうして良いかわからない方向けに、Shopify制作代行を利用した方が良い理由や、代行会社を選ぶ際のポイントも含めて、おすすめ制作代行会社を10社紹介します。目的を達成できる会社を探してみてください。

Shopify(ショッピファイ)の制作代行を利用した方が良い理由

まずh、Shopify(ショッピファイ)制作代行を利用した方が良い理由は次のとおりです。

Shopify制作代行を利用する理由
  1. 高品質なサイトを安く作れるから
  2. 多言語化など販路を拡大できるから
  3. カスタマイズが自由自在だから

ECサイト制作初心者の方は、簡単にECサイトを作ることができるShopifyを利用したとしても、制作代行に依頼するのがおすすめです。ただECサイトを作るだけなら、初心者の方でも行えますが、実際に集客でき、販売して売上を上げられるECサイトを作るには、専門的な知識が必要になるからです。

理由①:高品質なサイトを安く作れるから

Shopify制作代行を利用すれば、高品質なサイトを安く作ることができます。通常、ECサイトを独自に制作する場合は、300万円〜1,000万円以上の費用がかかります。

しかし、Shopifyは高品質なデザインテンプレートを利用することができ、機能も専用のアプリをインストールすれば簡単に導入できるため、費用を抑えて制作することができます。基本的な機能のみなら50万円〜100万円ほどの費用で制作可能です。

そのため、予算の少ない場合は、Shopify制作代行を利用するのがおすすめです。

理由②:多言語化など販路を拡大できるから

Shopifyは、多言語・多通貨に対応できる越境ECサイトとして、海外向けに商品を展開することができます。しかし、サイトを多言語化したり海外通貨に対応させたりするには、専門的なカスタマイズを行う必要があります。

そのため、越境ECサイト制作に特化した、代行会社を利用するのがおすすめです。多言語化するには、ただGoogle翻訳にかけるのではなく、販売につながるフレーズで多言語化しなければなりません。

代行会社の中には、多くの言語に翻訳できる人材が揃っているため、安心して任せることができます。

理由③:カスタマイズが自由自在だから

Shopifyは簡単にECサイトを制作できるサービスですが、同時にカスタマイズ性も高く、ありとあらゆる機能を実装することができます。専用のアプリをインストールすれば、必要な機能は簡単に追加することができ、デザインテンプレートはHTML/CSSの編集を行うことで、独自のオリジナルデザインに変更できます。

必要なアプリのインストール及び設定、HTML/CSSの編集は専門的な知識がないと難しいため、代行会社に依頼してカスタマイズしてもらうと良いでしょう。

Shopify(ショッピファイ)で制作代行を利用するメリット

Shopifyで制作代行を利用するメリットは次のとおりです。

メリット
  • 社内ノウハウをコア業務にかけられる
  • ノウハウやスキルを活用できる
  • 集客や運用までトータルサポートを依頼できる

自社の社員にはコア業務に専念させたい方や、ECサイト運営の経験がない方、制作後のサポートまで依頼したい方は、Shopify制作代行を利用することをおすすめします。誰でも簡単にECサイトを構築できるサービスだからこそ、しっかりとノウハウやスキルのある専門業者に依頼して差別化しましょう。

社内リソースをコア業務にかけられる

Shopifyの制作と運営を依頼することで、関連するさまざまな業務を大幅に削減することができ、社内リソースを自社に必要なコア業務に専念させることが可能です。

自社の社員の本来の仕事はECサイトの制作や運営ではなく、商品開発やマーケティングなどコア業務があるはずです。当然、本来の業務に集中させた方が高いパフォーマンスを発揮できる可能性があるので、ECサイトの制作や運営は専門の業者に依頼してリソースを確保しましょう。

また、ECサイト運営で成果を上げるには専門的な知識のある人材が必要になり、社内で人材を確保することが難しく、人件費も高い傾向にあります。しかし、Shopify制作代行会社であれば、豊富な運営経験のあるパートナーに低コストで依頼できます。

ノウハウやスキルを活用できる

ECサイトはただ制作するだけでは売上を上げることはできません。集客・販売・リピートそれぞれの対策をしっかりと行わなければならず、ECサイト運営経験のない方には少し難しいです。

しかし、Shopify制作代行を利用すれば、代行会社の専門的なノウハウやスキルを活用することができ、成果の出せるECサイトを構築できます。たとえば、Google広告やSNS広告運用まで依頼すれば、運営開始初期から集客を獲得できる可能性があります。

制作会社によって実績数や得意な業種、サポート内容は異なるので、自社の業種に最適な制作会社に依頼することが大切です。自社にECサイト運営ノウハウやマーケティングスキルがない場合は、積極的に制作代行を利用することをおすすめします。

集客や運用までトータルサポートを依頼できる

Shopifyの制作代行会社では、ECサイトの制作だけでなく、その後の集客や運用までトータルサポートを依頼できる場合がほとんどです。集客面では、各種広告運用やSNS運用、SEO対策などをサポートし、運営面ではサイト保守・コンテンツ更新、商品管理などさまざまな業務をサポートしています。

自社でECサイトを運営していけるリソースを確保できる場合は問題ありませんが、手が足りない場合は積極的にサポートを依頼することをおすすめします。制作以外のサポートについては、その他オプションとして別料金で依頼できることが多く、必要に応じて個別に依頼することが可能です。

Shopify(ショッピファイ)で制作代行を利用するデメリット

次にShopifyで制作代行を利用するデメリットは次の通りです。

デメリット
  • 制作費用がかかる
  • 制作に時間がかかる可能性がある

Shopifyの制作代行を利用するデメリットは費用と時間がかかることです。予算があり、売り上げが見込める場合でないと不安に感じるかもしれませんが、無理に自社のリソースだけで制作&運営しようとしても、返って成果が出るまでに必要な時間が長くなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

制作費用がかかる

Shopify制作代行を利用すれば、当然制作費用がかかります。

制作費用相場は実装する機能やサイト規模によって大きく異なりますが、約50万円から高い場合は300万円を超える場合もあります。簡単なECサイトの場合は無料で簡単に構築できますが、競合と差別化したり、しっかりと売上の立つECサイトを構築したりしたい場合は、専門知識のある制作会社に依頼することになるでしょう。

なので、自社のECサイトに必要な機能や予算を元に検討して、最適な制作会社を探すことが大切です。また、集客や運営サポートまで依頼する場合は、毎月の固定費が発生することになるので、コストに見合う売り上げをあげられるまでにどのくらい時間がかかるかを想定して依頼しましょう。

制作に時間がかかる可能性がある

ShopifyでECサイトを制作する企業は非常に多く、制作会社によっては手が回らないことから、新規の依頼を停止していることもあります。外部に依頼する場合は、どうしても制作に時間がかかる可能性があるため、余裕を持ってスケジュールを組んでおかなければなりません。

自社の希望するスケジュールで請け負ってもらえる制作会社が見つからない事態も考えられます。新商品でスピードが鍵を握る場合などは、サイト公開が遅れて機会損失にならないように、早めに制作会社に依頼しておきましょう。

Shopify(ショッピファイ)の制作代行を選ぶ際のポイント

これまで、Shopify(ショッピファイ)の制作代行を利用するべき理由を解説しました。では、実際に制作代行会社を選ぶ際は、どういった点に注目する必要があるでしょうか?見るべきポイントを解説していきましょう。

Shopify制作代行を選ぶ際のポイント
  1. 相見積もりを取る
  2. 達成したい目標に合う代行会社を探す
  3. 適切な初期費用&継続費用で依頼する

ポイント①:相見積もりを取る

Shopifyの制作代行を利用する際のポイントは、必ず相見積もりを取ることです。複数の代行会社に見積もりを依頼して、実際に担当者の方と話すようにしてください。

相見積もりを取ることで、項目別の費用相場や納期、条件などを比較することができます。見積もりを取ることで、代行会社のサイト上では判断できない部分もわかることが多いです。

ポイント②:達成したい目標に合う代行会社を探す

見積もりを依頼して担当者の方に相談を行ったら、達成したい目標に合う代行会社か判断してください。相談の段階で制作したいECサイトの内容を詳細に話して、同じ業界・業種の制作実績があるか、業界の知識があるかなどを確認します。

Shopifyの制作代行会社の中にも、越境ECサイトに特化していたり、大規模ECサイトに特化していたり、特定の業界の制作実績が多いなど特徴があるため、自社の目標を達成できるかをよく考えて代行会社を探しましょう。

ポイント③:適切な初期費用&継続費用で依頼する

相見積もりを取り比較する費用面のポイントとしては、初期費用と継続費用です。初期費用だけに注目してしまうと、初期費用を落として継続費用が高額な代行会社もあるため、将来的な費用は大きくなってしまいます。

制作代行だけでなく運用代行も依頼する場合は、継続費用が高額になるため、代行範囲をしっかりと決めた上で依頼するようにしてください。

Shopify(ショッピファイ)の制作代行会社おすすめ10選

それでは、Shopify(ショッピファイ)の制作の代行会社おすすめ10社を紹介します。どの会社も無料相談を行っているので、解説した代行会社を選ぶ際のポイントを確認して検討してください。

Shopify制作代行会社おすすめ10社
  • 株式会社WebLife
  • ARCHETYP Commerce
  • 世界へボカン株式会社
  • コマースメディア株式会社
  • フラッグシップ合同会社
  • 株式会社R6B
  • Shopi Lab
  • ディレクターバンク株式会社
  • ECサポート株式会社
  • 株式会社ラヴィゴット

株式会社WebLife

株式会社WebLife

画像引用元:株式会社WebLife

株式会社WebLifeはECサイト制作だけでなく、Webサイト制作や保守運用を行っている会社です。そのため、サーバーやネットワークなどインフラ関係に特化しています。

アプリケーション開発にも対応可能で、目的に応じてフルカスタマイズした環境を構築できます。Shopifyで制作したECサイトをカスタマイズして独自の機能を追加したい方におすすめです。

ARCHETYP Commerce

ARCHETYP Commerce

画像引用元:ARCHETYP Commerce

株式会社ARCHETYPは初期費用が安く、30万円でECサイトを制作できるお得なサービスを提供しています。公式パートナーの「ShopifyExperts」に認定されており、集客や運用、運用保守まで一括して任せることも可能です。

低コストで制作できるだけでなく、制作内容が固まっている場合は、最短1週間程度でサイトを制作できます。集客や運用が不安な方は、マーケティング支援も同時に依頼すれば安心でしょう。

世界ヘボカン株式会社

世界ヘボカン株式会社

画像引用元:世界へボカン株式会社

世界へボカン株式会社は、名前のとおり越境ECサイトの制作・マーケティングに特化した会社です。海外向けの広告運用・SEO対策などのサポートも行っています。国内の商品やサービスを世界へ届けたい方に最適なサービスです。

Shopify Experts」に認定されており、非常に多くの企業の越境ECサイト制作の実績があります。海外マーケティングが得意な開発メンバーが在籍しており、ただ英語に翻訳したサイトではなく、ネイティブの視点でサイトの改善を行えます。戦略的に本当の意味で成果を出せる越境ECサイトを制作したい場合におすすめです。

コマースメディア株式会社

コマースメディア株式会社

画像引用元:コマースメディア株式会社

コマースメディア株式会社は、国内3社目のShopify Expertsに認定された実績があります。ECサイトの制作から運用までトータルサポートしており、大規模ECサイトの制作ができる「Shopify Plus」にも対応しています。

戦略設計からサイト制作、サイト更新、運営・受注代行・物流代行・カスタマーサポートまで行っているので、ECサイト制作だけでなく、その後の運用もサポートしてもらいたい場合におすすめです。

フラッグシップ合同会社

フラッグシップ合同会社

画像引用元:フラッグシップ合同会社

フラッグシップ合同会社は、大規模なECサイト制作が可能な、Shopify Plus公認パートナーとして認められています。Shopifyで大規模サイトを制作する場合におすすめです。開発支援・サイト改善・運用サポートなど、ECサイト制作に関わるさまざまなサポートに対応しています。

フラッグシップの開発チームは、各業界のプロフェッショナルが集まっており、ショップの海外展開をしやすいように多国籍の人員で構成されています。Shopify Plusで越境ECサイトを制作して、グローバルに販売していきたい方に最適です。

株式会社R6B

株式会社R6B

画像引用元:株式会社R6B

株式会社R6BはShopify Expertsの公式パートナーに認定されており、ECサイトの制作から運用まで総合的なサポートを行っています。越境ECやD2C、B2B、サブスクなどさまざまな目的に応じて制作できます。

集客に関わるSNS運用支援サービスや、販売する商品の写真や動画を撮影するサービスも行っているため、ECサイトを制作するだけでなく、その後の集客・販売まで任せることが可能です。Shopifyの制作実績も多いので安心できます。

Shopi Lab

Shopi Lab

画像引用元:Shopi lab

Shopi LabはECサイトの制作から運用、集客まで総合的に代行するサービスを提供しており、依頼から最短1ヶ月でECサイトを構築できます。機能の拡張やデザインのカスタマイズに強く、越境ECサイトの制作も対応しています。

Shopi Labで代行している業務は、ECサイト制作代行だけでなく、商品開発・商品追加や発送代行・商品の写真、動画撮影・海外プロモーション・Web分析・各SNS運用代行・運用コンサルティングなどさまざまです。実績も多く、信頼できる代行会社と言えるでしょう。

ディレクターバンク株式会社

ディレクターバンク株式会社

画像引用元:ディレクターバンク株式会社

ディレクターバンク株式会社は、ECサイトの初期設計・構築支援から、商品企画・販売促進支援、バックエンド業務支援や代行、越境EC構築・運用支援など、ECサイトの初期設計から運用代行まで一括してお任せすることができます。

越境ECサイトの構築や運用に特化しており、多通貨決済対応や、海外向け発送のパッケージ支援、海外からのお問い合わせ支援など、必要な業務をカバーしています。

ECサポート株式会社

ECサポート株式会社

画像引用元:ECサポート株式会社

ECサポート株式会社は、中小企業向けのホームページ制作会社で、ECサイトの制作・運用代行も行っています。地域の商材を全国に販売するために制作代行や、運用コンサルティングも行っており、制作実績も多く信頼感があります。

集客や販売の知識がない方でも、専門の担当者から商材に合わせた機能やデザインの提案をしてもらえます。出店した後もキャンペーン施策や商材の追加など、ECサイト運営に必要な作業はサポートしてもらえるプランもあり安心です。

株式会社ラヴィゴット

株式会社ラヴィゴット

画像引用元:株式会社ラヴィゴット

株式会社ラヴィゴットは、ECサイトの企画・制作・運用までワンストップでサポートしており、制作するだけでなく、実際に売上を上げられる勝てるECサイトの制作を行っています。

ショップのイメージを決めるデザインのカスタマイズも可能で、ユーザーの利便性を一番に考えたUI/UX設計で販売数を増やします。制作実績も豊富なので、安心して依頼できるでしょう。

まとめ

Shopify(ショッピファイ)の制作代行を利用した方が良い理由や、制作代行を選ぶ際のポイント、おすすめの制作代行会社10社を紹介しました。

ECサイトの制作代行を利用すれば、低コストでクオリティの高いショップを作ることができます。ECサイトを初めて制作する方や、集客・運用のノウハウがない方は、制作代行を利用して、総合的なサポートを受けることをおすすめします。

ShopifyのECサイトを成功させるには、制作するだけでなく、広告運用などマーケティングの部分も重要です。ShopifyでECサイトの新規制作・リニューアルをお考えの方や、Web広告などによるプロモーションを行いたいとお考えの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

Shopify Guideはメディアの運営によってShopifyに関する幅広く情報を得ているため、Shopifyでの運営ノウハウを共有することができますよ。