Shopifyとは

近年日本国内でも話題となっているECプラットフォームの「Shopify(ショッピファイ)」ですが、「Shopifyとは何?」と疑問に感じている方も多いでしょう。そこで、今回はShopifyの概要からユーザーの評価、他のECプラットフォームとの違いまで紹介します。「どんな機能があるの?」「料金は?」など気になる疑問を徹底解説してきますので、ECサイト制作について検討中の方は必見ですよ。

Shopify(ショッピファイ)とは

Shopify

近頃話題のShopify(ショッピファイ)ですが、具体的にどのようなサービスかご存知でしょうか?Shopifyは、今や世界中で利用されているといっても過言ではないほど、全世界に幅広く展開されているECプラットフォームです。日本国内では、2017年にShopify Japanが立ち上がり、徐々に認知を拡大しています。

では、Shopifyは具体的にどのようなサービスでしょうか?簡単に説明すると、テンプレートデザインを使って簡単にECサイトが制作できるサービスです。簡単にWebサイトを制作することができるCMSである「WordPress(ワードプレス)」をご存知の方は、そのECサイト版だと考えてもらうとわかりやすいでしょう。

楽天やAmazonのような大手から個人企業まで、数多くの企業がECサイトの構築を進めている現在、代理店への依頼なしで自分たちで簡単にECサイトの構築ができるという点がShopifyの大きな特徴です。

Shopify(ショッピファイ)の特徴

ここからは、具体的にShopify(ショッピファイ)の特徴についても触れていきます。どのようなことができるのかについて解説しましょう。

特徴
  • 自社ECサイトを簡単に制作できる
  • 個人でも管理ができる
  • 初期費用がかからない

自社ECサイトを簡単に制作できる

冒頭でもお伝えしたとおり、Shopifyを活用することで自社ECサイトを簡単に制作できるようになります。ECサイト構築にかかせないデザイン制作において100種類以上のデザインテンプレートがありますので、誰でも簡単におしゃれで使いやすいECサイトの構築が可能です。

もともとカナダで創業された企業ということもあり、世界各地へ向けたコンテンツ配信(越境EC)も容易です。DHLやUPSとの連携もされており、海外発送対応もしています。国内外に向けたECサイトを制作したい場合に、Shopifyは大いに活用できるサービスです。

また、Shopifyはアプリを導入することによって、サイトをカスタマイズできることも大きな特徴です。「Shopify アプリストア」には、4,000種類以上のアプリがあります。そのため、デフォルトで備わっていない機能に関しては、あるアプリを導入することで解決できる可能性が高いと言えるでしょう。

個人でも管理ができる

Shopifyは誰でも簡単にサイト制作ができるサービスですので、もちろん個人でもサイト運営・管理をしていくことができます。

ECサイトを制作する際は、一般的に独自でサーバーを設置して運用する必要があり、セキュリティチェックやシステム管理が課題となります。しかし、Shopifyの場合はShopifyサーバーを使ってECサイトを制作できるためシステムアップデートが容易とであり、セキュリティ面でも安心です。つまり、システムエンジニアや代理店などに運用依頼する必要がありません。

また、APIと連携することにより、入庫状況や商品情報の自動連携や発送業務の自動化など可能であり、個人の作業効率化を図れます。「ECサイトを構築したいけど代理店に頼むほどの予算もない」という個人の方でも気軽に利用できるサービスということです。

初期費用がかからない

Shopifyは、初期導入費用が一切かからないことも特徴の一つです。一般的に、代理店などにECサイト制作を依頼した場合、初期費用(要件定義など含む)に数百万円かかることも少なくありません。さらに、構築費、公開後のメンテナンス・管理費を加えると膨大な費用がかかり、大掛かりなプロジェクトになることでしょう。

しかし、Shopifyの場合はそういった費用は一切かからず、月々の使用料の負担のみで導入することができます。そのため、コスト面でも大きなメリットがあります。

Shopify(ショッピファイ)の料金体系

続いては、Shopifyの料金体系について解説しましょう。Shopifyには次の3つのプランが用意されており、利用用途によってユーザーが好きなプランを選択するという仕組みです。それぞれのプランで利用できる機能については、この後詳しく解説します。

項目 ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
月額料金 29ドル 79ドル 299ドル

Shopify(ショッピファイ)の機能

それぞれのプランによってShopifyの機能も異なってきます。各プランの機能について紹介していきます。まずは、3つのプランの機能を表でまとめて確認しましょう。

項目 ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
スタッフアカウント数 2 5 15
商品登録可能数 無制限 無制限 無制限
24時間メールサポート
無料SSL証明書
カゴ落ち対策
クーポンコード
ギフトカード ×
プロフェッショナルレポート ×
カスタムレポートビルダー × ×
外部サービスの計算済み配送料 × ×

ベーシックプラン

ベーシックプランでは、Shopifyの基本的な機能が利用可能です。商品の登録は無制限で可能、無料でのSSL証明書発行、放棄されたカートの回復などが挙げられます。また、24時間365日のサポート付きです。

スタンダードプラン

スタンダードプランでは、ギフトカード機能が使用できるようになります。ユーザーがコードを入力することで代金の代わりに決済が可能となり、販売の促進に活用できる機能です。

また、プロフェッショナルレポートと呼ばれる機能が利用できるようになります。管理画面よりユーザーへの販売履歴やリピーター率など、顧客情報の取得が可能です。戦略策定やサイトリニューアル、マーケティングにおいても非常に有用なレポートが、たった79ドルのプランに含まれているのです。

プレミアムプラン

月額料金が最も高値のプレミアムプランですが、こちらは大規模なECサイト運用者向けのプランとも言えるでしょう。ベーシックプランやスタンダードプランで利用できる機能に加え、デフォルトのレポートをカスタマイズできる「レポートビルダー」や配送料を自動計算できる計算機能などの実装が可能になります。

たとえば、Google広告などと連携させることにより、流入元別に分析することができたり、配送会社と連携することにより商品の配送料が自動で表示されるような仕組みを利用したりすることが可能です。

Shopify(ショッピファイ)を利用するメリット

利用料金が安いことはおわかりいただけたと思いますが、Shopifyを利用することでどのようなメリットを得られるのかという点も気になりますよね。続いては、Shopifyのメリットを詳しくお伝えしていきましょう。

メリット
  • 多言語対応している
  • テンプレートを用いて制作できる
  • アプリを使って拡張できる
  • SEO対策に強い

メリット①:多言語対応している

Shopifyはカナダの企業ですが、全世界に展開しているため多言語対応に優れています。商品を世界に向けて販売していきたいと考える場合、ユーザーが母国語で情報を取得できる環境が必要です。

一般的なECプラットフォームの場合は、翻訳会社に依頼するなど多言語化のためには工数・コストがかかりますが、Shopifyの場合は管理画面で対象言語を有効にするだけで翻訳された言語でのコンテンツ配信が可能です。ユーザーは母国語で情報を入手できることで、商品に親しみを持ちやすくなり、購買意欲の向上につなげられるかもしれません。

メリット②:テンプレートを用いて制作できる

冒頭でもお伝えしたように、Shopifyにはテンプレートが数多く準備されています。テーマによってさまざまなデザインが用意されているので、自身の提供するブランドや製品にマッチしてデザインのECサイトが簡単に制作が可能です。

なお、デザインテンプレートは無料のものも多く用意されていますし、こだわりたいのであれば100ドルから200ドルほどの価格でデザインテンプレートを買うこともできます。デザインテンプレートを活用するとカラーの調整なども簡単な設定でできるようになるため、カスタマイズ性は抜群です。

メリット③:アプリを使って拡張できる

Shopifyは、アプリを使うことで拡張ができます。例えば、多言語対応や画像最適化のアプリなどが挙げられます。アプリを使うことでカスタマイズ性がより強化され、思いのままのデザイン・機能のECサイトを構築することができます。

アプリは多種多様なので、どのアプリと連携させるかは迷うところですが、自身のニーズに合ったものから探していくと良いでしょう。たとえば、海外各国に展開したい場合は、商品価格をさまざまな通貨で表示させるアプリが便利です。また、発送工数を削減したいのであれば、宛名ラベルの作成アプリを導入すると良いでしょう。

アプリを使うことで外見内面ともに拡張ができる点は嬉しいポイントです。

メリット④:SEO対策に強い

SEO対策に強い点もShopifyを利用するメリットです。たとえば、タイトルタグやメタディスクリプション、URLなどがブログ感覚で簡単に編集できます。実際の検索画面のプレビューを使いながらメタディスクリプションなどの要素の修正が可能です。また、サイト全体だけでなく、商品ページなどページごとにSEO設定をすることもできます。

タイトルタグやメタディスクリプション、URLなどは検索結果に重要な要素なので、手元で簡単に編集できることは大きなメリットだと言えます。また、SEO対策に役立つアプリもあるため、連携させることも一つの手です。

Shopify(ショッピファイ)を利用するデメリット

一方で、Shopify(ショッピファイ)にはデメリットもあります。導入を考えている方は、しっかりと確認しておいてください。

デメリット
  • 日本語のサポートが不十分
  • 基礎的なプログラミングの知識が必要な場合がある

デメリット①:日本語のサポートが不十分

Shopifyは、日本ではまだまだ駆け出しのサービスです。カナダで設立された会社ということもあり、残念ながら日本語のサポートはまだまだ不十分です。

日本語のサポートチームもありますがタイムリーな回答を得られなかったり、一部のコンテンツには英語表記が残っていたりということもあります。ただし、このあたりは年々解消されていくと考えられます。

デメリット②:基礎的なプログラミングの知識が必要な場合がある

デザインテンプレートを使うことで、誰でも簡単にECサイトの構築が可能だとお伝えしましたが、細かなデザインに修正をかけたい場合はプログラミングの知識が必要になることがあります。デザインテンプレートで満足できればそれで問題ありませんが、たとえば「ここにボタンを実装したい」「文字に装飾をつけたい」といった場合は、テンプレートではまかなえないことがあります。そういった部分は、自らHTMLやCSSを書き換える必要があります。

Shopify(ショッピファイ)と他のECサービスとの違い

Shopify(ショッピファイ)の特徴やメリットデメリットは把握できたことでしょう。ただ、導入を検討する際には他社とも比較しておきたいですよね。日本国内で広く利用されている次の2つのECサービスとの違いを比較しておきましょう。

日本国内の主要なECサービス
  • BASE
  • STORES.jp

BASE

BASE

画像引用元:BASE

Shopifyと同じく大手のBASEは日本企業が展開しています。日本国内ではBASEを使ったECサイトの開設が非常に増えており、注目を集めています。一度は耳にしたことがあるという方も多いでしょう。BASEは初心者におすすめのサービスです。

料金

BASEの料金は、初期費用・月額費用ともに0円です。誰でも簡単に30秒でサイト開設ができると謳っており、初心者でもサイトの立ち上げがあっという間にできてしまいます。なお、利用料がかからない代わりに、売上の一部を手数料として差し引かれる(購入代金の3.6%+40円の手数料+サービス手数料)という点がデメリットです。

機能

デザインテンプレートが100種類以上あり、Shopify以上にテンプレートは豊富です。さらに、HTMLやCSSを使った編集も可能であるため、独自の実装ができます。また、無料で独自ドメインを取得できたり、Shopify同様に簡単にSEOの強化を図れます。

一方で、多言語対応は英語のみとなっており、英語圏以外での展開を考えている場合にはあまりおすすめではありません。

サポート

STORES.jpも大手ECサイトサービスであり、日本企業が提供しています。無料で利用できるBASEとは異なり、STORES.jpにはと「無料プラン」と「」の2つがあります。

画像引用元:STORES.jp

サポートは、メールは平日10:00〜19:00のみ、チャットの場合は13:00〜18:00のみ受付可能です。問い合わせ時間が限定されており、さらに土日の場合メール対応は受け付けていないことから、サポートからの回答の待ち時間が長くなる点は懸念されます。

STORES.jp

STORES.jp

画像引用元:STORES.jp

STORES.jpも大手ECサイトサービスであり、日本企業が提供しています。無料で利用できるBASEとは異なり、STORES.jpにはと「無料プラン」と「有料プラン」があります。

料金

STORES,jpの有料プランは月額1,980円で利用可能です。Shopifyのどのプランよりも利用料金は安い設定です。ちなみに、「無料プラン」と「有料プラン」の違いの一つは決済手数料の割合です。無料プランの場合は5パーセントの手数料が発生するのに対し、有料プランの場合は3.6パーセントです。売上げ増えていくようであれば、有料プランに切り替えた方がお得な場合もあります。

機能

無料のデザインテンプレートが50種類近くあります。無料で提供するテンプレートはSTORESが最も多いです。一方で、HTMLやCSSの編集は残念ながらできないため、カスタマイズ性の部分ではShopifyとBASEに比べて劣ります。

タイトルタグやメタディスクリプションの編集などもできないため、SEO対策も強いとは言えません。また、ShopifyとBASEはサイト内でブログが制作できるのに対し、STORES.jpでは外部サービスを利用しなければブログを制作することができません。

サポート

サポートはメールで問い合わせを受け付けています。ただし、回答までに1週間ほど時間がかかっているのが現状なので、タイムリーなサポートサービスが提供されていない点はやや気になるところです。

Shopify(ショッピファイ)の使い方

では、Shopify(ショッピファイ)の基本的な使い方について紹介していきましょう。まず、サイト開設までのフローですが、いたってシンプルであり、Shopifyにアカウント登録をした時点でサイトの開設は完了です。なお、アカウント登録時にはユーザー名やメールアドレス、住所などの登録が必要です。

では、サイトを開設した後の一般的な流れを紹介しましょう。

Shopifyを始めるときの流れ
  • 商品の登録
  • コレクションの作成
  • ページの制作
  • デザインの決定
  • 決済方法の設定

商品の登録

サイトが開設されたら、商品登録をしていきます。管理画面より商品を登録・商品写真を設定し、サイズやカラーなど商品の情報を細かく入力していきましょう。ブログ感覚で簡単に操作できるため、どなたでも簡単に出品できます。

コレクションの作成

次に、ユーザーが商品をより探しやすくするために、コレクションの作成をしていきます。コレクションとは、商品のカテゴライズ機能です。タグや価格などでコレクション作成しましょう。商品が増えてき場合は、特にコレクションが大切な要素になります。

ページの制作

続いて、商品ページの制作に入ります。商品の配置決定、お問い合わせページを制作していきましょう。

デザインの決定

ある程度ページの大枠の制作ができたら、あとはストアのデザインを確定していきます。デザインテンプレートを活用しながら、自社のイメージにあったデザインを制作していきましょう。

決済方法の設定

設定画面より決済方法を決定してきます。また、配送設定も忘れずにしましょう。発送元の住所・配送先などの登録が可能です。

基本設定はここまでです。この過程の中で「アプリとの連携をさせたい」「SNSと連動させたい」「独自のデザインで実装させたい」などの工程が発生することもありますが、この5つのステップをクリアしていればひとまずECサイトは完成と言えます。

もし、初期設定からすべて外部に委託したいという場合は、初期設定から運用まで委託を担ってくれる企業も最近は増えています。検討してみるのも一つでしょう。

Shopify(ショッピファイ)の評判・口コミ

ここからは、Shopify(ショッピファイ)の評判や口コミをチェックしましょう。実際のユーザはShopifyについてどのように評価しているのでしょうか?ポジティブなもの・ネガティブなものそれぞれをまとめました。

ポジティブな評判・口コミ

世界各国からあらゆる口コミが挙がっていましたが、ここではまず、日本国内でのポジティブな評判から紹介していきます。Twitterで挙がっていたユーザーの声から見ていきましょう。口コミを見る限り、機能面・サポート面では比較的満足に感じているユーザーが多いことがわかるでしょう。

アプリが便利

「とりあえずアプリを入れて拡張すればなんとかなる」という口コミが見られました。初心者の方でもアプリを導入しておくとある程度の作業をアプリで実施でき、さまざまな拡張機能があり便利という声が多くありました。

決済方法が豊富で嬉しい

Shopifyは決済方法が豊富であり、Apple Payなどにも対応していますので、決済方法の豊富さがありがたいと感じているユーザーも多く見受けられました。ちなみに、決済方法はBASEやSTORES,jpよりも多いです。

気軽に始めたい人向けの「ライトプラン」がありがたい

Shopifyのプランは3種類紹介しましたが、実はShopifyには月額1,000円ほどで利用ができる「ライトプラン」というものがあります。基本中の基本の機能しか備わっていませんが、月額料がとても安いため「とりあえず何かを販売したい」という軽い気持ちでも利用できてありがたいという声もありました。

よくある質問が便利

日本語での問い合わせ対応が可能な他、よくある質問が開設されたことにより疑問点が解消しやすくなった点も評価されていました。

ネガティブな評判・口コミ

一方で、ネガティブな評判・口コミもあるため紹介していきましょう。テンプレートで満足できる場合は問題ないですが、多くの人がある程度のデザイン調整は必要と感じているようです。そのため、簡単にサイト制作ができるとは言えども、プログラミングの基礎知識程度はあった方がベストと言えるかもしれません。

プログラミングの知識がないと触りづらい

HTMLやCSSを触れるくらいの基本知識がないと、少し触りづらいと感じているユーザーもいました。一から構築するよりは遥かに簡単ですが、それでも運用にあたってプログラミングの基礎知識があった方が作業もスムーズに進みます。

マニュアルの日本語がわかりづらい

もとの言語が英語であるため、日本語化されたマニュアルの日本語がわかりづらい、伝わりづらいという点がデメリットとして挙げられていました。自動翻訳機能が使われているのか、少しおかしな日本語が利用されている場合があります。

デザインが日本語にマッチしづらい

デザインテンプレートは元々英語で利用する想定であるため、日本を当て込むと残念ながら微妙にデザインにマッチしない、結局デザインの手直しが必要となるという声もありました。日本語と英語だとやはり見た目も大きく異なるため、仕方がない部分ではありますね。

まとめ

Shopify(ショッピファイ)とはどういったECプラットフォームなのかについて解説しました。同業他社のサービスも多数展開されている中で、Shopifyは機能面での充実が選定のポイントになでしょう。アプリによる拡張が可能で多言語対応が可能という面では、今後幅広くビジネスを展開していきたい、世界に広げていきたいという方には非常におすすめです。

日本語対応の面ではまだまだ課題が残りますが、2017年に導入されたばかりの比較的新しいサービスであることも踏まえ、今後に期待しましょう。

Shopify Guide編集部は、メディア「Shopify Guide」の運営によってShopifyの最新情報やノウハウを常に蓄積してきています。ShopifyでECサイトの新規制作・リニューアル、Web広告などによるプロモーションをお考えの方は、こちらの問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。